無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

80 甘いキミと甘い夜4🔞⚠️
~健人side~


気を抜くと今すぐにでも達してしまいそうなのを我慢しつつ体勢を正常位に戻して激しく腰を打ち付ける


イクならあなたの顔見ながらイキてえ


本当の私
本当の私
あっ、けんと…ッ、けんとッ、気持ちいいよぉ…もっとして…っ
中島健人
中島健人
ばか…っ、おま、これ以上煽んなッ…
本当の私
本当の私
っん、ぁ、ん…あいしてるよ…ッ、健人…ッ


マジでこれ以上煽んないでくれ…

あなたの甘い声や淫らな喘ぎ声が聴覚を刺激されて俺を絶頂へと誘う


クリトリスを指で潰し刺激を与えながら腰を打ち付けているとあなたも限界が近いのか、俺の身体をギュッと抱き締め腰に脚を絡めてきた


本当の私
本当の私
けんと…ッ、あッ…イッちゃう…ッ、
中島健人
中島健人
俺も…っ、イキそ…、一緒にイこッ?
本当の私
本当の私
んっ、健人と一緒にイク…ッ
中島健人
中島健人
激しくするからしっかり捕まっとけ


あなたの唇にちゅっ、と口付けると力強く抱き締め腰を振るスピードを上げた
ガツガツと膣奥を突いてやればあなたは嬌声を上げながら果て、俺もあなたの肉棒を締め付ける圧でゴム越しにあなたの中への精液を放った



本当の私
本当の私
けんと…ッ、あっ…イク…っ、ひゃあああんッ
中島健人
中島健人
俺も…ッ、出すよあなた…ッ、くっ…イクッ!





____





中島健人
中島健人
どうでした?初体験は、あなたさん?
本当の私
本当の私
そんな恥ずかしいこと聞くんじゃねえよ///


一通りの行為が終わりあなたの髪を撫でながらピロートーク

俺の質問が恥ずかしいのか布団で顔を隠すあなたが可愛らしい


中島健人
中島健人
キスしたいんですけど、あなたさん
本当の私
本当の私
……すれば?///


布団から目元だけ出しチラッと俺を見る
なんでこんなに可愛いのこの子は


中島健人
中島健人
布団被ってたら出来ないでしょ、んっ…
本当の私
本当の私
んん…


布団を捲り顔を出させればちゅっと唇に吸い付く

ぁ、やべぇ…俺のSexyZoneがまたSexyし始めて来た←


中島健人
中島健人
ねね、あなたちゃん♡もう1回シていい?
本当の私
本当の私
良いけど…


あなたはキスの事を言っているのかと思ったのかそっと目を閉じた
でも俺が言ったのはその事じゃ無いんだよなあ笑




中島健人
中島健人
そうじゃなくて…えっち、もっかいシよ?
本当の私
本当の私
ひゃぁ、ッ…!


クリトリスを指で弾いたらビクンと腰を跳ねさせる敏感なあなた

俺はあなたに覆い被さると首筋に顔を埋めた


本当の私
本当の私
ちょ、寝ないの!?
中島健人
中島健人
今夜は寝かせるつもりねえけど?
本当の私
本当の私
やぁ、ッ…けんと…んぁああ、ッ
中島健人
中島健人
あなた…ッ、愛してるよっ



こうして俺たちは思う存分甘い夜を過ごし、甘い行為は朝方まで続いた