無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

115 ベッドはエロの象徴
~健人side~



なんだろ…フワフワしてて…すげえ気持ちいい


パチッと目を覚ますと目の前はあなたのお腹だった
そうだ…膝枕してもらってていつの間にか寝ちゃったんだ



中島健人
中島健人
あなたごめん、寝ちゃった...ってあれ?
本当の私
本当の私
.....Zzz


ふふ、あなたも寝ちゃってる
可愛いな...ぁ、写真撮っとこ♡


自分のスマホを取り出すとあなたの可愛い寝顔を写真に収めた





本当の私
本当の私
ん...、あれ?寝てた...って、お前は何してんだよ
中島健人
中島健人
ん?胸に顔埋めてんの♡


だって暇だったんだもん
あなたのおっぱいフワフワで気持ちいい♡


本当の私
本当の私
寝る支度するから退け
中島健人
中島健人
はいはい笑
俺も歯ブラシしよーっと


洗面所で二人並んで歯ブラシタイム
これこそ新婚っぽくね?←しつこい


中島健人
中島健人
タオル次貸して?
本当の私
本当の私
私使ったやつだよ?いいの?
中島健人
中島健人
あなたが使ったやつがいいの♡
本当の私
本当の私
なんか変態っぽいな...はいよ


だって俺って変態だもん←



____



中島健人
中島健人
はいどーぞ♡お姫様♡
本当の私
本当の私
ん、///



ベッドの布団を捲りながらあなたを誘うと照れながらも中に入ってくれる
一緒に寝れるとか...幸せだなあ





本当の私
本当の私
ベッドって良いよな、憧れる
中島健人
中島健人
そっか、あなたって布団だっけ
本当の私
本当の私
そうそう、あの屋敷にベッドは合わねえからな
中島健人
中島健人
ベッドってさ、エロいよね
本当の私
本当の私
なんですぐそーゆー思考に走るかな
中島健人
中島健人
いいじゃん笑
セックスしてる時ギシギシ音鳴るだろ?あれがエロくて堪んない
本当の私
本当の私
そんなん知らねえよ///
中島健人
中島健人
この間シたとき音鳴ってたじゃん
本当の私
本当の私
いちいち覚えてねえよ!///


この前俺ん家でシたときはあなた初めてだったから余裕なかったのかな


中島健人
中島健人
じゃ、今日は覚えといてね


あなたに覆い被さると至近距離で視線を合わせた


本当の私
本当の私
ち、近いよ...///
中島健人
中島健人
今から抱くんだから近くて当たり前だろ
本当の私
本当の私
さっきもシたじゃねえか...///
中島健人
中島健人
さっきはさっき、今は今
お前とセックスしたいの。いい?
本当の私
本当の私
明日学校なんだから程々にしろよ?
中島健人
中島健人
ふふ、わかってるよ


唇にちゅっと口付けを落とすとあなたの服に手を掛け脱がし始めた

程々か...一応頭に入れておこ