無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7 意味不な健人くん
~あなたside~


あー今日も授業ダリィなあ...
今のうちチョコ補給しとくか

と、チョコを堪能していると健人が来た
なんかすげえご機嫌なんだけど

話を聞くと、どうやら昨日姫に会ったからご機嫌らしい


姫って誰だっけ


ぁ、私か←


まあテキトーに返しとけばいっかと思い、とりあえず


変装してる私
変装してる私
ふーん...そうなんだ


とだけ返して、またチョコを堪能した
いや、堪能してたのに...
この男、私の貴重なチョコをくれと催促してきた
あげたよ?ちゃんとあげましたよ?
私優しいから←


でも、せっかく貴重な私のチョコあげたのに中々食わねえの

どうやら今あげたチョコは昨日姫が買ってたのと同じらしい


うん、当たり前だよね。だって私が買ったんだもん


てか、私が何買ったまで覚えてんのかよ中島健人


まあ、美味しいって言ってくれたし...良しとしよう←


てか、美味しいって言ってくれて...思わずうれしくて笑っちまったんだけど...バレてないよね...?


ボロ出さねえようにまじで気を付けよ...







____


古文って眠くなるよな...なんか呪文唱えてるみたいに聞こえるしさ

まあ、私は優等生だから真面目に授業受けるけどね←


んで、隣からすっごい視線感じるんだけど...


変装してる私
変装してる私
.....(チラッ)
中島健人
中島健人
.....(にっこり)


え...一体何なんだよその笑みは...
てか見すぎじゃね?


変装してる私
変装してる私
あの...健人くん...何?
中島健人
中島健人
授業受けてるあなたちゃん可愛いなって思って♡
変装してる私
変装してる私
あ、そう...それはどうも...



んー、意味わからん中島健人
てめえは誰にでも可愛いって言うのかよ


まあ、そんなこんなで視線に耐えつつ古典頑張ったぜ

なんか疲れた早く帰りてえ