無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

77 甘いキミと甘い夜🔞⚠️
~健人side~


あなたにエロい格好させたくて俺は敢えてワイシャツを洗面所に置いておいた
しかも俺が普段着てる学校の制服のやつ
これで学校にいる間もあなたのエロい姿を思い出せる←


そして風呂から上がってきたあなたは想像通り…いや、想像以上にエロかった
だってノーブラノーパンなんだもん

コレ見て我慢出来る男なんていねえよな
俺なんかあなたの姿見ただけてSexyZoneがギンギンにSexyしたもん笑




____



中島健人
中島健人
ちゃんと優しくしてやっから…そんなビビんなよ笑
本当の私
本当の私
別にビビってなんかねえよ!///


俺に組み敷かれてるあなたは緊張してんのか身体がガチガチになってる


中島健人
中島健人
ふふ、可愛いヤツ
ほら、キスさせて…んんっ、
本当の私
本当の私
んっ…


あなたの頬に手を添えると唇を重ね合わせた
暫く啄むように口付けると段々とあなたの力も抜け、唇を割り舌を侵入させた


中島健人
中島健人
ちゅ、んん…は、ぁ…ッ
本当の私
本当の私
んぅ…ッ、ふぁ…ん…
中島健人
中島健人
んっ、もっと舌…俺のに絡ませて…っん
本当の私
本当の私
んはぁ…ッ、んむ、んっ…


くちゅくちゅと舌が絡まる水音がすげえやらしい…
興奮した俺はあなたの口内を犯しながらワイシャツのボタンを一つずつ外し前を肌蹴させた


本当の私
本当の私
ゃ、けんと…恥ずかしい…///


唇を唾液で濡らし顔を真っ赤にしながら恥じらう姿とか…
そんなに俺を煽ってどーすんだよ
マジで余裕無くなる…このままめちゃくちゃにしてえ…


中島健人
中島健人
俺しか見てねえから大丈夫
俺に見せて?お前の全部
俺も見せてやるから…


ワイシャツを脱がせると俺も服を脱ぎ捨てた
お互い全裸になると肌を擦り合わせるように抱き合う

やべ…あなたの身体暖かくて…すげえ気持ちいい


中島健人
中島健人
ふふっ、今のお前…俺と同じ匂いがするな
本当の私
本当の私
健人と同じ石鹸使ったからでしょ///
中島健人
中島健人
なんか嬉しい…ちゅ、んんっ…


俺は堪らずあなたの首筋に吸い付いた
そしてそのまま幾つも紅い痕を残しながら胸に移動した


本当の私
本当の私
あっ、けんとッ…そんな吸ったら痕付いちゃう…ッ
中島健人
中島健人
痕付けてんだよ、お前は俺のなんだから
本当の私
本当の私
ひぁ、そこ吸っちゃらめッ…あぁッ、!


乳首に吸い付くとビクンと身体が跳ねた
敏感で可愛いな


中島健人
中島健人
ダメじゃなくて気持ちいいんでしょ?乳首こんなに尖らせちゃって
本当の私
本当の私
ばかっ!そんなこと言うな…ッ、んぁッ…あっ


乳首を舐めながらあなたの下半身に触れてみると指先がヌルッとした


中島健人
中島健人
ふふ…あなたのおまんこヌルヌルしてる…こんなに濡らしちゃって…興奮してるの?
本当の私
本当の私
やぁ…っ、ばか…してない…ッ、
中島健人
中島健人
じゃあ…ちゃんと興奮させてあげるね
本当の私
本当の私
ぇ、ちょ待て…そこは…っ、んぁああッ、!


俺はあなたの太ももを開き脚の間に入り込むと秘部に顔を埋め、愛液の溢れるソコを舐め上げた