無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

91 幸せの後には…
~あなたside~


犬になった健人に抱かれグッタリしている私
健人はニコニコ澄み切った顔しながら背中を拭いている


中島健人
中島健人
愛犬健人くん可愛かった?笑
本当の私
本当の私
ただの変態犬じゃねえか
中島健人
中島健人
それはお前だろ?キャンキャン吠えてたし笑
本当の私
本当の私
黙れドスケベ
中島健人
中島健人
ふふ、気持ち良かったね♡交尾みたいなセックス♡
本当の私
本当の私
人の神聖な背中を汚しやがって
中島健人
中島健人
あのまま中に出しちゃうよりかは良かったでしょ?
今日のは多かったし…危なかったね


だったらゴムを着けろ
ぁ、持ってきてねえのか

ピルでも飲み始めようかな


本当の私
本当の私
あー疲れた
中島健人
中島健人
そう?俺はまだまだイケるけど?
本当の私
本当の私
黙れ絶倫←
中島健人
中島健人
好きなくせに笑
本当の私
本当の私
好きじゃねえよ…///
中島健人
中島健人
え?俺のこと好きじゃないの!?


んだよ、健人のことかよ
紛らわしい聞き方しやがって


ま、いいや…たまには仕返しでもしてやるか


本当の私
本当の私
好きじゃねえな、健人のこと
中島健人
中島健人
なんで!?俺はこんなにお前のこと好きなのに
本当の私
本当の私
愛してるよ
中島健人
中島健人
ホントズリィ…なんでお前はそんなに可愛いんだよ!!
本当の私
本当の私
なんでキレてんの笑
中島健人
中島健人
お前が可愛すぎるから!!
本当の私
本当の私
なにそれ笑
中島健人
中島健人
あーもー!世界一…いや、宇宙一愛してるよ!!


ギューっと力強く抱き締めてくる健人
全く、苦しいっつーの笑


本当の私
本当の私
はいはい、私もだよ笑
中島健人
中島健人
へへっ、すげえ幸せだ♡






____



菊池風磨
菊池風磨
あの…そろそろ邪魔しても宜しいでしょうかお嬢
本当の私
本当の私
うわっ!風磨!?
中島健人
中島健人
んだよ、菊池かよ


健人と抱き合ってたら風磨が襖の隙間から覗いていた
まさか…聞かれてないよな…?


菊池風磨
菊池風磨
お前ら屋敷でヤッてんなよ…それか声抑えろ
勉強集中出来ねえ
本当の私
本当の私
わ、悪ぃ!///


うわ…聞かれてたとかマジ恥ずかしいんだけど…


中島健人
中島健人
今すぐ忘れろ!記憶消せよ菊池!!
菊池風磨
菊池風磨
いや、無理。あなたのエロい声で3回抜いたし←
中島健人
中島健人
てめえ…畜生ッ!!←
本当の私
本当の私
し、静かにするから勉強に戻っていいぞ風磨
菊池風磨
菊池風磨
いや、それが…お嬢に伝えたいことがございまして…
本当の私
本当の私
なんだよ、急にかしこまって
菊池風磨
菊池風磨
兄貴からの連絡なんですが…知らない組のヤツらがウチのシマを偵察しに来てるらしいです
本当の私
本当の私
……どこのどいつだよ
菊池風磨
菊池風磨
そこまではまだ俺にも分かりません
中島健人
中島健人
……あなた行くのか?
本当の私
本当の私
仕方ねえだろ、私が行かなきゃ誰が行くんだよ
中島健人
中島健人
でも……
菊池風磨
菊池風磨
中島…止めたい気持ちはよく分かる。俺だってホントはあなたを危険な目に合わせたくねえ
中島健人
中島健人
だったら行かせんなよ!!あなたにもしもの事があったらどうすんだよ!!
本当の私
本当の私
心配すんな、私なら大丈夫だ…最強だから笑


私は強いとずっと自分を言い聞かせてきた
今までどんな修羅場も乗り越えてきた
だからきっと大丈夫


菊池風磨
菊池風磨
お嬢、そろそろ行きやしょう
兄貴達…やべえらしいです
本当の私
本当の私
マジか…アイツらがやられるとか…


ちと覚悟しといた方がいいかもしんねえな


私は薬指のペアリングを外すと健人に託した



本当の私
本当の私
健人…これ持っててくれ
中島健人
中島健人
え…なんで…?
本当の私
本当の私
指輪…傷付けたくねえし…あと、ぜってえ健人の元に帰ってくるから…そのときに返してくれ
中島健人
中島健人
ん、わかった





____



屋敷の門まで来ると健人に腕を引っ張られ、ギュッと抱き締められた

中島健人
中島健人
あまり無茶なことはしないでくれよ?
本当の私
本当の私
ん、わかってるよ
中島健人
中島健人
ぜってえ俺のとこに帰って来いよ?
本当の私
本当の私
うん、
中島健人
中島健人
指輪…ちゃんと預かっとくからな
本当の私
本当の私
無くすんじゃねえぞ?
中島健人
中島健人
無くすわけねえだろ
菊池風磨
菊池風磨
永遠の別れじゃねえんだから早くしろよ笑
本当の私
本当の私
はいはい笑
じゃ、行ってくるね健人
中島健人
中島健人
ん、行ってらっしゃい
愛してるよ、あなた
本当の私
本当の私
私も…愛してる


ちゅ、と唇が触れ合うと健人は名残惜しそうに身体を離し、自分家へと帰って行った


本当の私
本当の私
よし、行くか風磨
菊池風磨
菊池風磨
お供させて頂きやす、お嬢