無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

85 諦めの悪い後輩
~あなたside~


とある日の昼休み、飯を食い終わった私と健人は中庭で日向ぼっこをしていた


変装してる私
変装してる私
お天道様が眩しいな(チョコもぐもぐ)
中島健人
中島健人
そうだね、光合成気持ちいい…
変装してる私
変装してる私
天気がいいと出掛けたくなるよな
中島健人
中島健人
デートならいつでも受け付けてるよ?笑
変装してる私
変装してる私
デートってなに?美味しいの?←
中島健人
中島健人
相変わらずだね、あなたは笑


だって未だにデートっていう響きに慣れねえんだもん


変装してる私
変装してる私
次の休みさ、暇?
中島健人
中島健人
ぇ、なになに?デートする?
変装してる私
変装してる私
いや、デートじゃなくて…この前言ってたママのお墓参り行く?
中島健人
中島健人
行く!行きたいっ!
変装してる私
変装してる私
じゃ、決定な
中島健人
中島健人
その後デートしような♡
変装してる私
変装してる私
はいはい、お出かけね


そんなこんなでたわいも無い話をその後も続けてたら後輩に話しかけられた


平野紫耀
平野紫耀
ぁ、健人くんだ
永瀬廉
永瀬廉
ホンマや
中島健人
中島健人
紫耀と永瀬廉か
変装してる私
変装してる私
何故にフルネーム笑
平野紫耀
平野紫耀
あれ?こちらの方は?
永瀬廉
永瀬廉
初めまして…ですよね?


ぁ、そっか…この姿でこの2人に会うのは初めてだっけ


変装してる私
変装してる私
月島あなたです
中島健人
中島健人
俺の彼女だから手出すなよ?
平野紫耀
平野紫耀
俺は姐さんが好きなんで心配しないでください笑
永瀬廉
永瀬廉
そーいや、健人先輩…姐さんの事はもういいんですか?


チラッと私の方を見る健人
あー、なるほど…言いたいのね?


変装してる私
変装してる私
内緒にしてくれるならホントのこと話していいぞ、健人
中島健人
中島健人
マジで!?やったあ!
平野紫耀
平野紫耀
ホントのこと?
永瀬廉
永瀬廉
なんすかそれ
中島健人
中島健人
あなたはね…姫なんだよ
永瀬廉
永瀬廉
は!?
平野紫耀
平野紫耀
月島先輩が…姐さん?
変装してる私
変装してる私
ぜってえ内緒にしてくれよな?紫耀と廉
平野紫耀
平野紫耀
この喋り方…姐さんだ…
永瀬廉
永瀬廉
もちろん内緒にしときますけど…なんで変装しとるんすか?


私は変装してる理由を簡潔にだか話した
バラしたらシメると脅し付きで笑


平野紫耀
平野紫耀
ちぇっ、健人くん姐さんのこと諦めたなら俺狙おうと思ったのになあ
中島健人
中島健人
ふざけんなよ紫耀
あなたに手出したらただじゃおかねえからな!?あと永瀬廉もな?
永瀬廉
永瀬廉
なんで俺フルネーム…
平野紫耀
平野紫耀
わかってますよー
でも、もし健人くんに飽きたら俺んとこ来てくださいね、姐さん♡
変装してる私
変装してる私
私より強かったら考えてやるよ笑
中島健人
中島健人
ちょ、あなた!?そこはふざけんな!ってキレるとこだからね!?
変装してる私
変装してる私
はいはい。じゃ、そろそろ授業始まるから戻るか
永瀬廉
永瀬廉
そっすね、戻るで紫耀
平野紫耀
平野紫耀
姐さんまたね♡👋🏼
ぁ、健人先輩も
中島健人
中島健人
俺はついでかよ!マジで覚えとけよ紫耀っ!


あー騒がしい休み時間だったな

それより健人とお墓参り…
ママに健人を紹介するのは少し緊張するけど…楽しみだな