無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第112話

110 夢見る新婚生活
~健人side~



今俺はあなたと手を繋ぎながらスーパーに向かってる

え?何でって?


俺ら新婚だから♡



本当の私
本当の私
私たち結婚してねえからな?
中島健人
中島健人
ぇ、何で俺の心の中読めんの!?
本当の私
本当の私
ニヤニヤしてるし…大体考えてることわかる
中島健人
中島健人
流石だね♡
俺のお嫁さん♡
本当の私
本当の私
はっ倒してやろうか?
中島健人
中島健人
さっせん←


あなたになら倒されて良いかも…ベッドの上で♡
ぁ、待てよ…あなたをベッドに押し倒して組み敷くのは俺の役目だった


ぐへへ♡早く押し倒したいなあ♡←



脳内真っピンクで染めているといつの間にか着いてたスーパーマーケット


カゴを持つあなた…うん、お嫁さんっぽい


本当の私
本当の私
で?晩メシ何食いたいんだ?
中島健人
中島健人
そんなんあなたに決まってんだろ
本当の私
本当の私
……一旦あの世に逝っとく?
中島健人
中島健人
お前と一緒にイキ果てるならいいぜ?笑
本当の私
本当の私
……ハンバーグね、決定


やべ…もう俺、あなたとヤルことしか考えらんないわ
だって受験勉強でずっとあなたに触れられなかったんだもん
仕方ねえよな…


中島健人
中島健人
早くハンバーグの材料買って帰ろうぜ


あなたの持つ買い物カゴをひょいと持ち上げると急かすように店内を歩き始めた





____



中島健人
中島健人
ただいま
本当の私
本当の私
お邪魔します


早々に買い物を済ませ俺の家に帰って来た

ぁ、そうだ…いいこと思いついた


中島健人
中島健人
ねね、あなた。俺におかえりって言ってよ
本当の私
本当の私
なんでよ
中島健人
中島健人
いいじゃん、ね?お願いッ!
本当の私
本当の私
…おかえり、健人///
中島健人
中島健人
ただいま、あなた


照れながら出迎えの言葉を告げてくれるあなたが凄く愛おしくて
俺は堪らず抱き締めた


結婚しても毎回こーやって抱き締めんだろうな笑


本当の私
本当の私
別に抱き締める必要ねえだろ…///
中島健人
中島健人
いいじゃん、新婚っぽくて
なあ、おかえりのキスは?
本当の私
本当の私
は…!?///


ふふ、目泳がせながらめっちゃ焦ってる
我慢出来ないし…俺からしちゃお


中島健人
中島健人
んちゅ、んん…ッ
本当の私
本当の私
んっ…!んン…ッ


あなたに目線を合わせると手をそっと頬に添え顔を近付ける
久しぶりに触れたあなたの唇は相変わらず柔らかくて…

此処が玄関なのを忘れてしまうくらい俺はあなたの唇を求めた