無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

82 女帝の品定め
~あなたside~


女帝…じゃなかった、健人のお母様に私がヤクザなのを打ち明けてしまった

別れろと言われる覚悟をしていたが…返ってきたのは予想と違う言葉だった


健人の母
月島組の人達にはこの前お世話になったのよね
本当の私
本当の私
え?そうなんですか?


アイツら…一体なにしたんだよ


健人の母
ガラの悪い人達にね、絡まれたことがあって…その時に助けてくれたのが月島組って名乗る人達だったのよ
本当の私
本当の私
なるほど…そうでしたか


健人の絡まれ癖ってお母様の血を引いたのかな笑

まあ、帰ったらアイツらのこと褒めてやろうじゃねえか


健人の母
ヤクザって怖いだけじゃないのね
本当の私
本当の私
私たちは、この街や市民のことを第一に考えてますので。この街を他の組から守るのが私の役目だと思っております
健人の母
そうなのね、さて…ご飯作りましょうか


…忘れてたああああ!!そうだよ!一緒にご飯作るんだった!!




____


健人の母
ふーん…手際は結構いいわね
本当の私
本当の私
恐れ入ります…


ママに仕込んでもらっといて良かった!!
昨日健人のために仕込んでもらっといて良かったって言ったけど、今、この時のために仕込んでもらっといて良かったわ!!


でもさ…女帝…ぁ、健人のお母様の視線が痛え…
包丁持つ手が震えるんだけど…


健人の母
じゃ、ここは任せるわね
私は洗濯物片付けてくるから
本当の私
本当の私
はい、了解致しました!


はぁ…やっと女帝…ぁ、健人のお母様の監視が終わった

ん?待てよ…味付けも盛り付けも私がやるの!?
まさかそこまでちゃんと出来るか見るのが狙いか!?

ぁ、ちなみにカルボナーラ作ってます


中島健人
中島健人
あれ?あなた何してんの?
本当の私
本当の私
今話しかけんな


やっと起きてきた健人
でも悪ぃが今は構ってる暇はねえ
こちとら一世一代の大勝負してんだよ


中島健人
中島健人
ごめんなあなた、母さん帰ってくるとは思わなかった
本当の私
本当の私
その話なら後で聞くから今は話しかけんな


この味付けが命取りとなる…
集中しろ私…


中島健人
中島健人
なんか手伝お…
本当の私
本当の私
だああああ!頼むから話しかけんな!!
中島健人
中島健人
わ、わかった


こうしてちゃんと綺麗に盛り付けもして私の渾身の一品が完成した
味見もちゃんとしたし…後は女帝…ぁ、健人のお母様の反応次第だ



中島健人
中島健人
なんか疲れてるね、あなた
本当の私
本当の私
おう…ヤクザと一戦交えるより疲れたかもしんねえ…
健人の母
あら、出来たの?じゃ、早速頂くとしましょうかね


あーやべ…この緊張感から抜け出してえ…

私はパスタを口に運ぶ女帝…じゃなくて、健人のお母様をじっと見つめた