無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

45 見たくなかった光景
~健人side~


明日にはあなたの機嫌直ってるかな?とか姫いないかなあーとか考えながら帰ってたら後輩に声掛けられた


平野紫耀
平野紫耀
健人くん健人くん聞いてくださいよ!!
永瀬廉
永瀬廉
うっす
中島健人
中島健人
紫耀と永瀬廉じゃん
永瀬廉
永瀬廉
なんで俺の事フルネームなんすか笑
平野紫耀
平野紫耀
今はそんなことより!聞いた話なんすが、商店街の近くの裏路地で喧嘩してるらしーっす


やけに焦ってやがると思ったら喧嘩かよ…
どうせ誰かが不良に絡まれてるだけだろ、俺みたいに←

中島健人
中島健人
喧嘩って誰が?
平野紫耀
平野紫耀
.....誰だっけ?
永瀬廉
永瀬廉
確か...なんとか組?


なんだよその情報...
そんなんじゃわかんねえよ笑

平野紫耀
平野紫耀
とりま見に行きません!?
中島健人
中島健人
仕方ねえな...


取り敢えず紫耀と永瀬廉の後を着いて行き、その喧嘩をしてるという現場に着いた

その光景に俺は思わず息を飲み目を見開いた



中島健人
中島健人
姫と...なんで菊池がいるんだよ...




喧嘩してるやつらは、如何にもヤクザと呼ばれてそうな風貌のヤツらと、俺の大好きな姫と.....クラスメイトの菊池だった



平野紫耀
平野紫耀
姐さんじゃん!!
永瀬廉
永瀬廉
ホンマや...でも静かに見つかんないようにしとらんと雰囲気ヤバない?
平野紫耀
平野紫耀
確かに雰囲気ヤバいけど...ここからじゃ話し声までは聞こえねえな...
中島健人
中島健人
.......................。


姫たちがしてる喧嘩は...最早喧嘩の域を越えて殺し合いみたいになってる...
姫たちは素手だが、相手は鉄の棒や、刃物を持っている


こんな殺気を放つ姫...俺は見たことが無い...
正直怖い...
怖すぎて...身体が動かねえ...




____



菊池風磨
菊池風磨
あなた、悪ぃ腕切られた...
本当の私
本当の私
ちっ...そこで大人しく...風磨!危ねぇッ!!


腕から血を流しうずくまっている菊池の背後からヤクザが刃物を振りかざした
その瞬間、姫は菊池を庇うように素手で刃物を握り止めた



平野紫耀
平野紫耀
うわ...姐さん今素手で止めた...
永瀬廉
永瀬廉
俺ダメだ...見てられへん...


もう俺は声すら発することが出来ねえ...
姫って何者なの?
そして菊池はなんでそこに居るんだよ...