無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

46 受け入れたくない現実
~風磨side~


今回の玉城組はマジやべえ...
気を抜いたら殺される

菊池風磨
菊池風磨
アイツらドス持ってるとか...マジかよ
本当の私
本当の私
お前ら...殺されんじゃねえぞ
舎弟共「うっし!行くぞ!!」


そして、抗争が始まったが...
まさか中島に見られたとは思ってもいなかった



本当の私
本当の私
っ、危ねぇな...刃物は振り回して良いモンじゃねえだろ...ッ!
玉城組「グハッ!!」


腕を切られ動けない俺を庇ってあなたは素手で相手の刃物を止めた
そして、痛みも物怖じとせず相手の鳩尾に蹴りを食らわした


菊池風磨
菊池風磨
お前...手大丈夫かよ...
本当の私
本当の私
あ?こんなん切れたうちに入らねえよ


いや、血がダラダラ流れてっけど...
てか、よく見るとあなたの肩や腕にも切り傷が...


菊池風磨
菊池風磨
あなた、逃げよう...今回は無理だ...
本当の私
本当の私
あ?逃げる?ざけんじゃねえよ!
ウチらのシマ渡してたまっかよ...
あと玉城組も頭しか残ってねえから何とかなるよ
菊池風磨
菊池風磨
頼む...もう止めてくれ、これ以上は...


お前に傷ついて欲しくない
大事なんだよ、お前が...


本当の私
本当の私
風磨...もし私が死んでも月島組は守ってくれよ?


にっこりと笑うあなた
そしてすぐさま表情を殺気溢れるモノに変えると相手目掛けて駆け出した

相手もドスを構えている



行くな...あなた、頼むから...行くな...行くなッ!


菊池風磨
菊池風磨
あなたッッ!!
舎弟共「お嬢ッッ!!」


あなたと玉城組頭がぶつかった瞬間、鈍い音が鳴り響き、しーんと静まり返った

そして、数秒後...玉城組頭は気絶したように倒れた


勝った...あなたが勝った...
菊池風磨
菊池風磨
よし、俺らの勝ちだな!
舎弟共「おい、風磨...お嬢の様子が変...」
菊池風磨
菊池風磨
.....は?


俺があなたの方を向いた瞬間、あなたはそのまま倒れた


菊池風磨
菊池風磨
おい、あなた...あなた...ッ!?


急いであなたに駆け寄ると...思わぬ光景を目の当たりにした


菊池風磨
菊池風磨
んだよ、これ...


あなたの身体にはドスが刺さっていた










____


~健人side~


最後の瞬間を目の当たりにした俺は呼吸の仕方を忘れたかのようにただじっと姫を見ていた


中島健人
中島健人
嘘だろ...姫が...刺された...
平野紫耀
平野紫耀
姐さん...倒れたまま動かねえけど...
永瀬廉
永瀬廉
俺...帰ります
平野紫耀
平野紫耀
俺も...帰る...、健人くんは?
中島健人
中島健人
そうだな...俺も帰る


姫の安否が気になるけど...
目の前で起きた現実が受け入れられなくて...俺は逃げるようにその場を後にした


ホント俺って...情けねえ...