無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

94 覚悟する死
~風磨side~


マジで俺って弱えし役立たずだな…
一発パンチ貰っただけで身体が動かなくなっちまった…


あなたも…もうギリギリだろ…
俺…アイツがあんなやられてるとこ見たことねえよ…


これ以上ボロボロになるお前なんか見たくねえ
だからもう…やめてくれ





マフィアのボス
さて、お嬢サンはどんな死に方がお好みデスカ?
色んなトコを刺して差し上げましょうカ?それとも…心臓を一突き…ナンテいかがですカ?笑
本当の私
本当の私
は?全部嫌に決まってんだろ。バカなの?お前
マフィアのボス
そうですカ…ではワタシの好きなように…死ネ、クソガキッ!!
菊池風磨
菊池風磨
あなたッ!避けろ…ッ
本当の私
本当の私
言われなくても避けるっつーの!!


刀を振り下ろすヤツから避けるとあなたは素早く後ろに回り込み背中を蹴り付けた

ぁ、パンツ見えた←


マフィアのボス
随分と可愛いキックです…グハッ
本当の私
本当の私
喋ってる暇なんかねえぞ?オラッ!


鳩尾に一発…顔面に二発…そして股間に重い蹴り…

うっわ…えげつねえ…


マフィアのボス
ガキのクセに…よくも…
本当の私
本当の私
あ?こちとら糖分切れてイライラしてんだよ
早く帰らせろよ、チョコ食いてえ
マフィアのボス
チョコならあの世でたくさん召し上がってはいかがでしょうカ?笑
本当の私
本当の私
ふん、ふざけんなクソが
マフィアのボス
レディが汚い言葉を使ってはいけませんよ…ッ!
本当の私
本当の私
ぐはっ…てめえこそ、レディ殴ってんじゃねえよ…ッ!
マフィアのボス
うっ…、そろそろ息の根を止めて差し上げましょう
本当の私
本当の私
ぐっ…はな…せ…


あなたは壁に押し付けられ首を絞められている

マジかよ…それ以上やられるとマジであなたが死んじまう…


菊池風磨
菊池風磨
くっそ…てめえ…ッ!!
マフィアのボス
あら?アナタまだ動けるのですカ?早く大人しくしてろ…ッ
菊池風磨
菊池風磨
うぐっ…!


最後の力を振り絞りヤツに殴りかかったが…歯も立たなかった
このままじゃあなたが…


マフィアのボス
さて、お嬢サンもこれでお終いですネ、サヨウナラ
本当の私
本当の私
クソ…やめ…ろ…ッ


ヤツは刀を構えると一気にあなた目掛けてぶっ刺した

本当の私
本当の私
グハッ!!
菊池風磨
菊池風磨
あなたッ!!
マフィアのボス
見事に串刺しになりましたネ
狙いは外してしまいましたが
では次こそ心臓を……ぐっ、はっ…!
本当の私
本当の私
はぁはぁ…男って…ホントちんこ弱えよな…ッ笑
腹刺されたぐれえじゃ…はぁはぁ、私はくたばらねえよッ


あの状態で股間蹴るとか…
すげえなあなた…


本当の私
本当の私
てか邪魔だな…この刺さってるやつ…ぐは…っ


いや、抜くなよソレ!!
この前も抜いて大変だったじゃねえかよ

本当の私
本当の私
さて、てめえこそサヨウナラだね、るーさんだっけ?りーさんだっけ?まあいいや、くたばれ…オラッ!!
マフィアのボス
グハッ…!!


あなたは股間をもう一発蹴りあげるとこめかみ目掛けて拳を叩き付けた

そしてようやくマフィアのボスは動かなくなった


本当の私
本当の私
はぁはぁ…風磨悪ぃ…もう限界…だ、
菊池風磨
菊池風磨
あなたっ!!もういいから喋んな…今救急車呼ぶ…
本当の私
本当の私
だから救急車はダメだろ…
菊池風磨
菊池風磨
ちゃんと闇医者のとこ連れてって貰うから←
本当の私
本当の私
なら頼んだ…←


はぁ…ホント無茶なことばかりするよなコイツは笑
とか考えてたらあなたがグッタリし始めた
ふと腹部を見てみると血が止めどなく流れている

衣服がドンドン真っ赤に染まっていく…


菊池風磨
菊池風磨
オイ…あなた…?あなたッ!?
本当の私
本当の私
ん、なんだよ…
菊池風磨
菊池風磨
良かった…生きてる…
本当の私
本当の私
なあ…健人にまた…会えるかな…
菊池風磨
菊池風磨
会えるに決まってんだろ!!
本当の私
本当の私
だといいけど…笑


舎弟共「お嬢、風磨!救急車来やした!」
菊池風磨
菊池風磨
よし、支えるから少し頑張ってくれ…、あなた…?おいっ、あなた!?


あなたが目を閉じたまま動かなくなった
身体もすげえ冷たい


菊池風磨
菊池風磨
なああなたッ!!起きろって!帰るんだろ?中島のとこに…オイ、あなた…ッ!頼むから…死ぬな…ッ!!


いくら声を掛けても反応しねえ…




あなたが死ぬなんて…俺にはぜってえ耐えらんねえ…