無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

111 夢見る新婚生活2🔞⚠️
~健人side~


玄関でキスしたまま襲おうかと思ったけど…いい加減あなたがキレそうだったから止めといた笑



本当の私
本当の私
健人腹減ったか?
中島健人
中島健人
そうだなあ…頭いっぱい使ったし…減った
本当の私
本当の私
じゃ、晩メシ作るな
中島健人
中島健人
俺も手伝…
本当の私
本当の私
邪魔だからいい
中島健人
中島健人
そっすか…


邪魔だって…
ふんだ、別にいいもん
料理してるあなたのことずっと見てるから


でもじっとしてらんないのが俺の悪い癖
だってあなたにくっ付いてたいんだもん


本当の私
本当の私
だから邪魔だって、健人
中島健人
中島健人
別にいいじゃん、今は包丁使ってないんだし


包丁使ってるときあなたにくっ付いてると殺されかねないから敢えて使ってない時に背中から抱き着いた

そしてあなたは今ハンバーグのタネを捏ねている


中島健人
中島健人
なんかさ…肉捏ねる音ってエロいよな
本当の私
本当の私
は!?何言ってんだよ
中島健人
中島健人
だってさ、グチャグチャ音が鳴ってて…俺がお前のココ…弄ってるときと同じ音がする
本当の私
本当の私
やぁ…ッ、ちょ…けんと…っ///


あなたのスカートの中に手を突っ込み下着越しに割れ目を撫でた

少し触れただけなのにそんな過敏に反応しちゃって…


中島健人
中島健人
なあ…誘ってんの?
本当の私
本当の私
別に誘ってねえよ!///


そんな顔真っ赤にしながら俺のこと見てたら誘ってんのと同じだよ


俺は水道から水を出しあなたの手に付いた肉の脂を洗い流すとシンクに手を付かせた


本当の私
本当の私
ちょっ、まだ途中だよ!?
中島健人
中島健人
いいじゃん、後で作ってよ
やっぱ先にお前喰いたい


スカートは履かせたまま下着だけ脱がせるとお尻をそっと撫でた


本当の私
本当の私
きゃ…ッ、!
中島健人
中島健人
キッチンでセックスとか…新婚っぽくて燃えるね♡
本当の私
本当の私
ゃ、だめ…ッけんとッ…あぁ…ッ


あなたの秘部に触れるとソコは既に熱を帯び蕩けていた


中島健人
中島健人
もうこんなに濡らしちゃって…興奮してるの?
本当の私
本当の私
っ、してない…ッ、んぁッ、
中島健人
中島健人
おまんこぐしょぐしょだよ?ほら、もう俺の指こんな奥まで入っちゃった
本当の私
本当の私
ゃ、ン…ぁ、らめ、んはぁ、あっ

膣内をグチュグチュ掻き混ぜながら服に手を突っ込みブラのホックを外して胸を鷲掴んで揉んだ


こんなとこでこんな事して…犯してるみたいで興奮がやべえ…



中島健人
中島健人
も、我慢出来ない…俺の挿れてい?
本当の私
本当の私
んっ、あっ…ん、ッ…ふぁ…ッ


何度も首を縦に振るあなた

なんだ、お前も我慢出来ないんじゃん