無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

入院は嫌だ。
風馬母
風馬母
風馬。終わった?
風馬
風馬
うん。
風馬母
風馬母
そっか。ねぇ。風馬今回も入院だって。
風馬
風馬
えっ!嫌だ。
風馬母
風馬母
そんなこと言われてもね。じゃあ琴葉ちゃんと一緒にいた所と違う病室にしてもらう?
風馬
風馬
うん。
風馬母
風馬母
それじゃあ先生に言ってくるね?
風馬
風馬
ありがとう
風馬母
風馬母
どういたしまして。
冬夜
冬夜
風馬。
風馬
風馬
あっ!冬夜先生!
風馬母
風馬母
あら。冬夜先生いい所に。
冬夜
冬夜
どうかされましたか?
あっ!なるほど。
風馬。安心してあそこにはなるべく行かないよにしてるから。
風馬
風馬
先生。ありがとう
冬夜
冬夜
じゃあ病室行こか?
風馬母
風馬母
それじゃあまた後でね?風馬。
風馬
風馬
うん。
冬夜
冬夜
風馬。学校楽しい?
風馬
風馬
普通。
冬夜
冬夜
友達は出来た?
風馬
風馬
ぽいのは出来た。
冬夜
冬夜
ぽいのて。
風馬
風馬
ねぇ。先生。僕なんでこんなに体弱いの?
冬夜
冬夜
えっ。えーと。風馬は勉強得意?
風馬
風馬
うん。
冬夜
冬夜
運動は?
風馬
風馬
得意。
冬夜
冬夜
風馬は勉強も運動も得意だけど神様が体だけ弱くしたんだよ。
風馬
風馬
へぇ〜。でもそんな嘘通用しないよ。僕だってあの頃とは違うし。
冬夜
冬夜
ハッハッハ。風馬変わったな。
風馬
風馬
そう?
冬夜
冬夜
はい。病室着いたよ。
風馬
風馬
ありがとう。先生
冬夜
冬夜
どういたしまして。
ここまで。