無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

無理しても体育はやる。
体育の先生
体育の先生
今日はバスケをするぞ。
モブ
モブ
やったー。
体育の先生
体育の先生
じゃあチーム分け委員長やっといてくれ。
委員長。(咲羅)
委員長。(咲羅)
はーい。わかりました。
体育の先生
体育の先生
風馬。こっち。
風馬
風馬
えっ!はい。
体育の先生
体育の先生
どうするだ。
風馬
風馬
えっ!何がですが?
体育の先生
体育の先生
今日体育出るか?
風馬
風馬
はい。出ます。
体育の先生
体育の先生
あんま無理すんなよ。
風馬
風馬
はい。
(本当は朝から調子悪いけど。
これ以上休んだら単位どうなるか。)
委員長。(咲羅)
委員長。(咲羅)
風馬くん〜。早く〜。
風馬
風馬
あっ!はい。
委員長。(咲羅)
委員長。(咲羅)
じゃあとりあえず適当に作ってね
詩音
詩音
風馬一緒にやろぜ。
風馬
風馬
うん。いいよ。
萌奈
萌奈
私もいいかしら。
詩音
詩音
おう。いいぜ。
風馬
風馬
僕はどっちでもいいから早くやろ。
詩音
詩音
本当風馬は冷たいな。
風馬
風馬
そうですね。
詩音
詩音
おっ?認めたか。
風馬
風馬
どうでしょうか。
委員長。(咲羅)
委員長。(咲羅)
ほらそこ喋ってないで。早くチーム選んでね。
詩音
詩音
ほぃほーい
そしてバスケやってます。
詩音
詩音
風馬パス
風馬
風馬
いや。
詩音
詩音
えっ?
バンッ←バスケのゴールに入りました。
詩音
詩音
風馬運動神経良くないか。
風馬
風馬
普通だろ。
ピッピー
体育の先生
体育の先生
次決勝だぞ。
詩音
詩音
ほら風馬いくよ。
モブ
モブ
えっ〜。決勝の相手男子多くない?
詩音
詩音
別にいいだろ。
モブ
モブ
そうだけど。
体育の先生
体育の先生
つべこべ言わずに始めるぞ。
詩音
詩音
風馬
風馬
風馬
サンキュ
(やべぇ。苦しい。でも我慢)
バンッ←ゴール外れました。
風馬
風馬
(やばっ!外れた。)
詩音
詩音
風馬ドンマイこれからこれから。
風馬
風馬
おう。
詩音
詩音
風馬もう1回行ってこい。
風馬
風馬
えっ!萌奈さんパス
萌奈
萌奈
えっ!私!
よいしょ
バンッ←ゴール
萌奈
萌奈
えっ!入った。
体育の先生
体育の先生
ピッピー
体育の先生
体育の先生
21対16でAグールプの勝ち。
風馬
風馬
ゴホッゴホッ。(やべぇ。)ゴホッゴホッ
(吸入器 はっ?ない。)
詩音
詩音
風馬お疲れ!
風馬
風馬
おう。(我慢しよ。)
詩音
詩音
うん?風馬顔色悪いぞ。
風馬
風馬
えっ!そんなことない。
萌奈
萌奈
どうかしたの。
詩音
詩音
いや。風馬の顔色が悪くて。
萌奈
萌奈
えっ?本当だ。
風馬
風馬
き、気のせいだよ。(やばい噛んだ。
後これやばいぞ今1秒でも力抜いたら倒れる。)
ちょっとトイレ!
そしてトイレ到着。
風馬
風馬
ゴホッゴホッゴホッゴホッ。(やばい)
ゴホッゴホッゴホッゴホッ(仕方ない保険室行くか。)
詩音
詩音
よっ!風馬
風馬
風馬
わぁ!
詩音
詩音
風馬保険室行くぞ。
風馬
風馬
はぁ?なんで
詩音
詩音
お前喘息持ってるだろ。
風馬
風馬
持ってない
詩音
詩音
嘘つけ。
ほら行くぞ。
風馬
風馬
いやだよ。
詩音
詩音
ほら。行くぞ。拒否権なし。
風馬
風馬
はぁ〜。分かった。