無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

詩音と萌奈
冬夜
冬夜
風馬。
風馬
風馬
ゴホッゴホッゴホッゴホッ冬夜先生ゴホッゴホッゴホッゴホッヒューゼェゼェヒューたすゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッヒューけて。
冬夜
冬夜
風馬ちょっとごめんな。よいしょ←お姫様抱っこ
風馬
風馬
ゴホッゴホッやめゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッヒューヒューゼェゼェてゴホッゴホッヒューゼェゼェ
冬夜
冬夜
風馬大丈夫もう少しで良くなるかなら。
風馬
風馬
ゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッ
その頃詩音たちは。
萌奈
萌奈
クズっクズっヒック私の性でクズっヒック風馬が
詩音
詩音
大丈夫。謝ればいいからな?
萌奈
萌奈
でも
詩音
詩音
萌奈!ギュー
萌奈
萌奈
えっ!詩音?
詩音
詩音
萌奈は俺がやったことは俺の責任でもある。
萌奈
萌奈
どういう事?
詩音
詩音
萌奈は俺の幼なじみだ。だから俺が守る。もう萌奈を泣かせねぇ。大丈夫萌奈の罪は俺の罪である。
萌奈
萌奈
ギュー。詩音ありがとう。
詩音
詩音
後こんな時に言うべきではないが俺と付き合え。
萌奈
萌奈
はい。
恋が始まるここでは。
一方風馬。
風馬
風馬
ゴホッゴホッゴホッゴホッヒューヒュー。
冬夜
冬夜
すぐに酸素マスク後点滴、解熱剤を。
看護師
看護師
はい。
冬夜
冬夜
風馬大丈夫だからな。
ここまで続きは明日