無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

風馬はすぐ無理するから。
風馬
風馬
ただいま。
風馬母
風馬母
おかえり
あれ?風馬体調悪い?
風馬
風馬
ちょっと頭痛い
風馬母
風馬母
あら。体温測ってみる?
風馬
風馬
おう、
風馬母
風馬母
ちょっと待っててね。
風馬
風馬
了解。
(結構ズキズキする。)
風馬母
風馬母
はい。体温計。
風馬
風馬
ありがとう。
ピッピッピッピッ
風馬母
風馬母
見せて。
風馬
風馬
はい。
風馬母
風馬母
う〜ん。三七度三分か。微熱だね。
風馬
風馬
母さん。ベットで寝てくる。
風馬母
風馬母
分かったわ。おやすみ
風馬
風馬
うん。
そして夜
風馬
風馬
ゲホッゲホッ(やばいこれ喘息出るぞ。吸入器あった。)ゲホッスー。(何とかセーフ。)よいしょ。フラッ
おっと。
風馬母
風馬母
風馬、体調どう?
風馬
風馬
母さん。フラッバタン
風馬母
風馬母
風馬!とりあえず救急車!
(風馬すぐ無理するから)
委員長。(咲羅)
委員長。(咲羅)
ここまでェ