無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10
翌日


涼介は今日オフの日
あなた

ん〜

涼介
涼介
まだ寝てるし(笑)
涼介は朝ご飯の準備をしていた
涼介
涼介
あなた〜!
起きて〜
あなた

ん…

涼介
涼介
あなた起きないとチューするよ
あなた

別にいいよー

涼介
涼介
じゃあするよー
あなた

いいよ
ん!

顔を近づける
涼介
涼介
フフッ
涼介はあなたのおでこに指パッチンをした
あなた

いったー!

涼介
涼介
後でな(笑)
あなた

えー!

涼介
涼介
ほら、ご飯出来てるから!
食べよ!
あなた

やったー!
久しぶりだー!

そして2人はテーブルの前に座った
涼介
涼介
じゃあ
あなた

いただきます!!

涼介
涼介
(笑)
いただきます
あなた

ん〜!
美味しー

涼介
涼介
なら良かった
あなた

そういえば今日休みなの?

涼介
涼介
そうだよ!
じゃないとこんなにゆっくりしてないよ!
あなた

そっかー(笑)
準備してくるねー!

涼介
涼介
うん!
涼介side

何でこんなに天然なのか?
まぁ可愛いからいいんだけど…

ほんとに不思議だ
あなた

ねぇー!
涼介ー!

涼介
涼介
何ー?
あなた

ちょっと来てー

涼介
涼介
はーい!
また呼ばれた

髪のセットをしてーとか言われるんでしょうね!

まぁ行ってきます
涼介
涼介
何?
あなた

髪のセットして?

涼介
涼介
はい(笑)
涼介はあなたの髪のセットをした
あなた

ありがとう!

涼介
涼介
はい!(笑)
ピンポーン
涼介
涼介
はーい!
あなた

涼介誰?

涼介
涼介
今から出るから
俺だよー!





つづく