無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
そして夜
あなた

ただいまぁー

涼介
涼介
おかえりー
あなた

ンフッ

涼介
涼介
どうしたの?
あなた

何か涼介の顔見たら安心しちゃった

涼介
涼介
そっか笑
お風呂入る?
あなた

うん!涼介は?

涼介
涼介
俺は後からでもいいから
あなた

やだ!入って?

涼介
涼介
分かった!
準備しておいで?
あなた

はぁーい!

涼介side
何か今日あなた甘えたさんだなぁ



まぁ可愛いからいっか
あなた

涼介ー!

涼介
涼介
はーい!
あなた

先に入ってるからねー!

涼介
涼介
わかったー!
そして涼介も風呂に入った
あなた

ねぇ、涼介〜

涼介
涼介
ん?
あなた

あなたの事好き?

涼介
涼介
当たり前じゃん
あなた

じゃあ言って!

涼介
涼介
愛してるよ〜
あなた

あなたも〜

涼介
涼介
今日どこに行ってたの?
あなた

えーと…

あなた

美咲と買い物して夜ご飯を食べて少しお酒飲んだ!

涼介
涼介
だから甘えたさんなんだー
あなた

別に甘えてないし!

涼介
涼介
甘えてんじゃん
あなた

甘えてないもん!

そしてこの会話は30分くらい続き←長っ!

2人は一緒に上がった










つづく