無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

もうどうしたらいいんだよ
はぁ
もう朝になった
今日は夜まで何してよ…
いやね?死のうと考えたよ
でも運が悪くて
首吊り用の縄がないしナイフもない飛び降り自殺もできるけど
なるべく皆に見つからないように死にたいのよ
誰かの声がまた聞こえる
あなた
あなた
そうだ!せっかくネージュさんが売ってくれるって言ってたから
あなた
あなた
ロイヤルソードアカデミーに行って売ってもらおう!
スノルサー・ホワイト
今の話本当?
あなた
あなた
え?
スノルサー・ホワイト
君声出てたよ
あなた
あなた
あなた
あなた
まぁとにかくロイヤルソードアカデミーに行く!
スノルサー・ホワイト
よし!じゃぁ行こっか!
あなた
あなた
はい!あ、それとなんで呼びばいいですか?
スノルサー・ホワイト
俺はスノルサー・ホワイト
皆から“はく君”って呼ばれてるよ
あなた
あなた
じゃぁはく君で!
スノルサー・ホワイト
それとタメ口ね
あなた
あなた
わかった!
〜数分後〜
スノルサー・ホワイト
ついたよ〜
あなた
あなた
やっぱりいつ見ても綺麗✨
コンコン
ネージュ
ん?誰だい?
スノルサー・ホワイト
俺だよ〜
ネージュ
あ、はく君!連れて来れたんだ
スノルサー・ホワイト
まぁね
あなた
あなた
あの“売る“って聞いたんですけど
ネージュ
え“?
ネージュ
じゃぁどうして戻ってきたの?
あなた
あなた
売って欲しいから?
ネージュ
ネージュ
やっぱり君は売らない
ネージュ
その代わり此処で暮らしてよ
あなた
あなた
いいんですか!?
ネージュ
嗚呼
ネージュ
ってはく君、また遊びに行ったんだ
あなた
あなた
どこにですか?
ネージュ
あ、はく君はいつも外で遊んでるんだ
あなた
あなた
そうなんですね!
ネージュ
君の部屋は此処だよ