無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

♡♡
〜観覧車〜
永瀬廉
永瀬廉
2人で
定員
「はい、どうぞ。」
観覧車に乗ると廉は乱暴に私を座らせた。
◯◯
◯◯
ッ廉、どうして怒ってるの…
永瀬廉
永瀬廉
お前…俺の事怒らせたいん?
◯◯
◯◯
え、
永瀬廉
永瀬廉
紫耀の時は許したけど…今日、また男と仲良くしてるやん!
◯◯
◯◯
そんな!私はただ、久しぶりに会ったからたまたま話してただけで…
◯◯
◯◯
廉を怒らせる気なんか…ウゥ
永瀬廉
永瀬廉
ッ…もうええよ。
あなたは俺より大切な男が沢山いるんやろ?
◯◯
◯◯
違っ!
永瀬廉
永瀬廉
もうええって。
◯◯
◯◯
どうして…ちょっと男の人と話すだけでもダメなの?
◯◯
◯◯
平野君の時は私も悪かったけど、今日は話してただけじゃん…
永瀬廉
永瀬廉
。。。。
◯◯
◯◯
私が本当に好きなのは廉だけだよ。
でも…久しぶりに会ったんだからちょっとくらい…ウゥ
永瀬廉
永瀬廉
ムカつくんだよ…
◯◯
◯◯
えっ…
永瀬廉
永瀬廉
あなたと他の男が話してるの見てるとムカつくんだよ
◯◯
◯◯
それって…嫉妬/////?
永瀬廉
永瀬廉
う、うるさいわ/////!
もぉ、とにかく限度があるやろ!!
◯◯
◯◯
はへ?
永瀬廉
永瀬廉
何、旦那の前で他の男と「ねぇ〜!」とか言っとんねん!

嫉妬するやん!
◯◯
◯◯
そ、それは!

ッ確かに…それは嫉妬するか。
永瀬廉
永瀬廉
どんだけ俺があなたを好きか分かっとるん/////!?
グイッ
私は廉を引っ張ってキスをした。
観覧車が頂上に着くのと同時に…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

JUMP♡Love🐭
JUMP♡Love🐭
Hey! Say! JUMP 大好きです♡♡ 自担…知念くん 副担…れんれん あんずちゃん🐝 Loveです///// ファンマーク ⬇️ 🐭 良ければつけてね💕💕💕 色んな小説を上げます! よろしくお願いします❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る