無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

向井康二
今日は会社に行かんとあかん日…
行きたくなぁァい!
だって、向井先輩がおるんやもん!
いや、嫌いではないんやで?!
なんかあの人、凄いアタックして来るんですよ…
あ、頭突きじゃないで?なんか、恋愛の…アタック?
あーだこーだ行ってる間に電車に着いちゃったよォ泣
まぁ乗りますけど笑
向井先輩は1駅行った所で会うんです
その間はほっとしておける時間です笑
でも朝の時間やから結構人居るし…
用心しないとです!笑
アナウンス))ドアが閉まりますご注意ください
私
出発や…((小声
いま立ってます…なんか座るところいっぱいやった…
まぁ我慢我慢!
痴漢男))お尻を触る
私
っ…ちょっと…((ボソッ
痴))触る
私
あの、当たってますブルブル((ボソッ
痴))触る
私
やめてください泣
アナウンス))○○ー○○ーお出口は右側となっており〜ますっ
そんなのどうでもよかった。ただ、気持ち悪いのと、不安なのが混ざって、何も考えられなかった
痴))触る
向井康二
向井康二
ちょっと、何やってるんですか!((大声
痴))っ…
向井康二
向井康二
あなた大人ですよね?ええ歳して痴漢はないと思いますけど!?
周り))ざわざわ
女性))痴漢ですって…だらしないわね…
痴))すいませんでした…
痴漢男は電車を降りて人混みに消えて行った
向井康二
向井康二
あなたちゃん大丈夫ですか?!
私
向井先輩…
向井康二
向井康二
怖かったよな…ごめんなぁすぐ助けに行かれんくて…
私
うんん…助けてくれたもん…ありがとう…
向井康二
向井康二
泣きながら言われても…
会社の近くの駅に着いた
私
行きましょ…ウル
向井康二
向井康二
そんな泣きそうな顔で行ったらみんなに痴漢されたことバレるで!?
私
もう泣なんなんですかウル
向井康二
向井康二
今日は仕事休みましょ!
私
なんでですかウル
向井康二
向井康二
いいから!ね?!
私
はい…ウル
私達2人は会社を休んだ
私
っていうかどこ行くんですか…ウル
向井康二
向井康二
次の駅で降りるよ
私
ちょっと…答えになってないです…ウル
そして、渋々連れてこられたのは海でした…
私
こんな所で何するんですかウル
向井康二
向井康二
人が居るより居らへん方が泣きやすいやろ?
私
っ…馬鹿にしてるんですか…ウル
向井康二
向井康二
してへんよ!怖かったやろうし、あなたちゃんの泣き顔……し
私
なんて言ってるんですか…ウル
向井康二
向井康二
あぁもうだから!あなたちゃんの泣き顔も、誰にも見せたくないから!
私
もう意味わからへん泣
向井康二
向井康二
もう、そんな所で泣かんと俺んとこおいで
私
向井…先輩…泣
向井康二
向井康二
向井先輩やなくて康二って呼んでや
私
こ、康二…?
向井康二
向井康二
えらいえらい笑
頭ポンポン
なんでそんな優しくするんよ…
そんな優しくされたら泣きたくなるやん…
私
バカぁ泣
向井康二
向井康二
えっ!俺馬鹿なん!?なんかした?!
私
だって…だって優しくするからぁぁぁ泣
向井康二
向井康二
えぇ…笑






この出来事で何かが実ったのは気のせいですか?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

*ʚ❤︎ɞRyuka  ʚ❤︎ɞ*
*ʚ❤︎ɞRyuka ʚ❤︎ɞ*
どうもRyukaです⸜❤︎⸝‍ 松村北斗という人間が好きです♡ 最近織山尚大君気になってまふっ♡ 神担=松村北斗 副担=目黒蓮 気になりJr.=織山尚大
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る