無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

644
2021/04/01

第3話

3
夢乃 ルア
夢乃 ルア
あなたの名前・嘘ちゃん!私、あなたの名前・嘘ちゃんの服
コーディネートしたい!
(なまえ:名字・嘘)(なまえ:名前・嘘)
あなたの名字・嘘あなたの名前・嘘
いいよ!
夢乃 ルア
夢乃 ルア
やった〜!
(なまえ:名字・嘘)(なまえ:名前・嘘)
あなたの名字・嘘あなたの名前・嘘
でも、私なんかでいいの?
夢乃 ルア
夢乃 ルア
…私、友達いないからさ
(なまえ:名字・嘘)(なまえ:名前・嘘)
あなたの名字・嘘あなたの名前・嘘
え、あ、ごめん…
夢乃 ルア
夢乃 ルア
…じゃあ、このお店行こ!
(なまえ:名字・嘘)(なまえ:名前・嘘)
あなたの名字・嘘あなたの名前・嘘
うん!












その頃〜五条sibe〜



あなたが居ない。


早退すると言って教室を出てから会ってない。

部屋にいるか?
もしかしてさらわれた?



嫌な考えばかりが頭を巡る。


真希達に聞いても知らない、しか答えないし…



とにかく探しに
大内 エリナ
大内 エリナ
五条先生ぇ〜!
五条 悟
ごめんね、今ちょっと忙しいから
大内 エリナ
大内 エリナ
何してるんですかぁ?
聞けよ
五条 悟
今、あなた探しててさ
五条 悟
見つけたら教えてくれる?
大内 エリナ
大内 エリナ
あなたちゃん…ですかぁ?
大内 エリナ
大内 エリナ
さっき見つけましたよぉ〜
五条 悟
どこで!?
大内 エリナ
大内 エリナ
さっきぃ、渋谷にいましたぁ
聞いた瞬間、僕は渋谷に向かっていた
大内 エリナ
大内 エリナ
チッ
その時僕は焦っていた
アイツの舌打ちを聞き逃すくらいに