無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

98
2021/02/20

第9話

オンボロ寮にて
美月
美月
ごめんなさいほったらかして。短いですけど、オンボロ寮に戻ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユウ
ユウ
ただいまーグリム
グリム
おかえりなんだゾ!ユウ!
グリム
もう全部の寮に行ってきたのか?
ユウ
ユウ
ううん、違うよ。
ユウ
ユウ
ジャミル先輩に言われて、寮長会議を開くことになったの。
最初からそうすればよかったな〜。
グリム
...なぁ、子分。子分は、本当に帰りたいのか?
ユウ
ユウ
え?
............帰りたくないよ。
グリム
じゃあ、どうして帰ろうとしてるんだゾ?
ユウ
ユウ
さっきも言ったでしょ?私は、この世界の異物。異物は、取り除かなきゃ、世界が、壊れてしまうよ。
グリム
どういうことだ?
ユウ
ユウ
んー、じゃあ、人間に例えようか。
人間は、異物、自分に害をなす元を取り除くの。それが今は大丈夫でも、後々自分を内側から蝕み、壊れていく。それを、この世界、ツイステッドワンダーランドに例えると、害をなものは、私。
グリム
......子分は、ツイステッドワンダーランドを壊そうとしてるのか?
ユウ
ユウ
違うよ。
ユウ
ユウ
それを、望んでないとしても、わたしは、帰らなきゃ。
グリム
ふなぁ...。
グリム
俺様も、子分のところに行きたいんだゾ。
ユウ
ユウ
え...?
ユウ
ユウ
来てくれるの?
ユウ
ユウ
ありがとう、グリム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美月
美月
短いです。ごめんなさいm(*_ _)m
美月
美月
グリムが、一緒に来てくれるんですね。
美月
美月
良かったね。ユウちゃん。
グリム
お前が書いてるんだゾ?
美月
美月
はい...。