無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

138
2021/01/13

第2話

突然の知らせ
それは、突然訪れた
オンボロ寮でつかの間の休息をとっていた監督生に撮って嬉しい報告である
ユウ
ユウ
え……?本当ですか?!
ユウ
ユウ
わかりました
ユウ
ユウ
あの……学園長……
ユウ
ユウ
いつまでとかの期限ってありますか……?
ユウ
ユウ
あ……はい。お疲れ様でした……。
ユウ
ユウ
……………………。(嬉しい、やっと帰れるんだ。でも、寂しいなんて思ってるってことは、ここでの生活は、大変だったけど楽しかったって、ことだよね。)
ユウ
ユウ
はあ……。明日、全部の寮に伺おう