無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/01/28

第8話

スカラビア寮
現在の時刻は11:35
ユウが次に向かうのは、スカラビア寮である。
鏡をくぐり、スカラビア寮の砂漠ば見えた。
相も変わらず、この寮は暑い
ユウ
ユウ
うん、相変わらず暑い
ユウ
ユウ
さて、カリム先輩たちはどこにいるかな?
カリム・アルアジーム
おーい!監督生ー!
ジャミル・バイパー
あっおい待て!カリム!!!!!!
ユウ
ユウ
相変わらずお元気ですね。
(圧倒的光属性)
カリム・アルアジーム
どうした?なんか相談事か?
ユウ
ユウ
……まぁ、それに近いこと……でしょうか?
ジャミル・バイパー
そうか、なら寮の中に入るといい。こんな炎天下にいたら、熱中症になってしまう。
スカラビア寮内
カリム・アルアジーム
それで?どうしたんだ?
ユウ
ユウ
 実はですね、元の世界に帰れるようです
カリム・アルアジーム
そうなのか?よかったな!監督生!!
ジャミル・バイパー
おめでとう
ユウ
ユウ
……でも、まだ詳しいことはわかってないので、16:00辺りに学園長室に向かいます。
そこで、詳しい話を聞くんです。
カリム・アルアジーム
じゃあ、寮長会議でもいいんじゃないか?
ユウ
ユウ
え?
ジャミル・バイパー
……ふむ、それもいいかもしれないが、監督生、この話、どこにした?
ユウ
ユウ
えっと、ハーツ、サバナ、オクタの3寮ですけど……
ジャミル・バイパー
ならば、あとの寮は寮長会議のときにでも、お前と中の良い奴たちのをこさせて、話をすればいいんじゃないか?
ユウ
ユウ
あっ……そうすればよかった……やらかしたぁ
カリム・アルアジーム
元気だせ!監督生!早速寮長会議したいと進言してくる!
ジャミル・バイパー
監督生、お前は1度オンボロ寮に戻って連絡が来るのを待っていろ。
ユウ
ユウ
分かりまたした。では、失礼します。
私は、スカラビア寮をあとにし、オンボロ寮に向かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美月
美月
短いですね。ちょっとスカラビアとオクタ、これが限界です。
美月
美月
やらかしたねユウちゃん、ごめんね、わのせいだ