無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

02
276
2021/05/07 13:26










あなた「いやっ、私頼んでないよっ、」


黒尾「じゃあなんでっ、」


悠花「私がっ、私が勝手に持って行っただけなんです、、あなたせんぱいの役にたちたくてっっ、、!」


山本「そうなのか??」


夜久「柚貴は優しいな!!」


悠花「い、いえ!!そんなことありませんよ、笑」


あなた「………………」


ギュッ、と誰かが私の服の袖を掴んだ。


横を見るとそこにはプリン頭が視界に映った。


研磨「あなた、」


あなた「あぁ、ごめん、どうしたの?」


研磨「いくよ、」


あなた「うん、笑」





心から笑えていたこの約3年。


今日から作り笑いに変わりそうです。