無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

05
280
2021/05/16 13:24










「「「「あざっしたー!!!/ありがとうございました!!!」」」」



黒尾「かいさーん!!!」


山本「黒尾さん!!」


黒尾「どうした??」


山本「猫又監督が呼んでます! 」


黒尾「おお、ありがとう」


山本「いえ!」


孤爪「じゃあねクロ」


黒尾「気をつけえ帰れよー?あ、あとゲームのし過ぎ禁止な?? 」


孤爪「分かってるよ、。」


黒尾「じゃあなー」





黒尾side



監督、何の用だ??


練習のことか??


合宿??


練習試合??


合宿なら梟谷とか来るんだろうなー


…………あの烏野も。


どんだけ強くなってかなぁ笑


楽しみだ。



黒尾「猫又監督」


猫又「おお、来てくれたんだな。」


黒尾「まぁ笑」


猫又「合宿があるからみんなに伝えといてくれるか?? 」


黒尾「了解です」


猫又「合宿は3週間後、来るチームは烏野、梟谷、伊達工業、白鳥沢。」


黒尾「分かりました」


猫又「頼んだぞー。」















あれから職員室を出てすこし薄暗くなった廊下を歩く。


随分暗くなったな。


事故とかしてねぇかな


水道辺りは月がよく見える。


そして君もよく見えた。





黒尾「あなた、なにしてんだよ。」


つい強く言ってしまった。


こんな時間まで残ってたんだな。


あなた「黒尾こそなにしてんの。」


しゃがみながら彼女は言う。


ひとつも目を合わせずに。


黒尾「俺は監督に呼ばれたから 」


あなた「ふーん。 」


興味の無いように彼女は言う。


いつもなら「何、怒られたの?笑」と笑顔を見せる彼女だが笑うどころかとても暗い。


黒尾「早く帰れよ」


あなた「分かってるよ。」


黒尾「家族心配するぞ。」


あなた「………………うん、」


黒尾「じゃあな」


俺は彼女を置いて家に帰った。


ホントなら送ってやりたいけど今のアイツじゃ送れそうにない。