無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

03
263
2021/05/08 22:44










悠花「きょうもよろしくね」


あなた「うん、笑」


シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ


あなた「出来たよ、」


悠花「ありがとー」


またこれだ。


都合よく"利用"されてそれでおわり。


ねぇ、私があなたに何をしたの?


あなたが嫌がること何かした?


そう喉に詰まって言えない疑問を頭の中で徐々にといて行ってる間に


黒尾が来た。


黒尾「あなた。」


あなた「ど、どうしたの、」


黒尾「考え直せよ、。」


あなた「考え直せ、?」


夜久「黒尾」


黒尾「ん?」


夜久「練習。再開するぞ」


黒尾「分かった。」


あなた「…………いいの?


夜久「???」


あなた「もう何も言わなくていいの??」


黒尾「ッ、」


夜久「柚貴にしたこと反省しろ。」


あなた「………」














あの後すぐに夜久と黒尾は練習にもどった。


水道に残った私はこれでもか、という程自分に腹が立った。


作り笑いをしてしまう自分。


自分の意思を発言できないこと。


友情を信じ、心の底から幸せと思った自分。


産まれてきてしまった自分。


何より自分が強いと思っていた自分に苛立ちが抑えれなかった。


あなた「なんでこうなっちゃったんだろう、。



ほんとになんでこうなっちゃったんだろうね、