前の話
一覧へ
次の話

第8話

ただ声一つ
88
2022/10/01 11:40
続く時間の欠片
を集めているただ
過ぎるノートの余白に書く
「答えはいつ?」
ほんのり小さな感情へ
愛を一つ
またねまたね
夜に咲く温度と灯るまで
呼吸一つ
生きる生きる
優しい日々の横で泣かぬように
嗚呼
泣かぬように
ちっちゃな言葉チクチクしたの
キリがないけどさ
それを忘れたフリ疲れたよ
夜よ抱きしめて
今日だって笑う笑う
泣いちゃう僕を隠すために笑う
言えないことは言えないでいい
って思えたら軽くなれるのかな
愛を一つまたねまたね
夜ご咲く温度と灯るまで
呼吸一つ生きる生きる
優しい日々の横で泣かぬように
愛を一つまたねまたね
嗚呼
愛を一つまたねまたね
優しい君の横で笑うように
嗚呼
吐き出す気持ちは簡単で
でも生きるの難易度高すぎて
どうにも解けない問いだらけ
嗚呼
さっぱりきっかり前向いて
なんてしなくていいから抱きしめて
愛を一つまたねまたね
END

プリ小説オーディオドラマ