無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

704
2021/07/25

第5話

#3出会い(半間目線)
いつものように廊下を歩いていると
壁に何かが飾ってあった
今日表彰されたものらしい
だが、飾ってある中で一番最初に見えたのが
あなたの作品だった(まだ半間はあなたの名前を知らないよ)
何故かその作品だけ色がついて見えた
(なまえ)
あなた
おっしゃあ今回のコンクール入賞したze☆
と、遠くから聞こえる
こいつがこれを描いたのだろうか
半間
半間
これ、お前が描いたの?
(なまえ)
あなた
おぉ
半間
半間
そっか
半間
半間
ヒャハ♡
「なんか面白くなりそうだ
こいつにちょっと絡んで見るか」
と心の中で言う半間だった