無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

新たな一歩
作者ちょっと失礼します!
皆さんに伝えていませんでしたが、これは実話です😆
もちろん名前などは変えています!

あと、私は小学1年生からヒップホップダンスをしています!
まだ内容に入れるかは決めていませんが一応言っておきます😃
では、本編スタート! 
             
            By作者              
長期間の休みも終わり、中学校の入学式になった。
先輩達の視線が熱い。メッチャ緊張したー(笑)
足を踏み外したらどーしよ、なんて。



新しいクラスになって、新たな親友ができた。
その子の名前は、あゆみ。天然で面白くて優しい。
なんて良い人なんだろー😌

あゆみ
あゆみ
あなた~、今度遊ばない?
暇なんだよねー。
あなた
あなた
良いよん~✌️
遊ぼ遊ぼ!
あゆみは、小学1年生の時一緒のクラスで一番仲が良かったけど、
2年生になって家庭の事情で県外に引っ越しちゃって
離ればなれになったんだよね。
また再会出来て凄く嬉しかった😆
でもまだあの事は言えない…怖くて…
もちろん、あゆみの事信頼してるけど。
あゆみ
あゆみ
あなた?どーしたの?
何かあった?
あなた
あなた
あ、ううん!
何でもないよ、大丈夫。
(あぶない、あぶない)
あゆみ
あゆみ
あなた知ってる?
大丈夫って言ってるときは大丈夫じゃ無いんだよ。
何か気になるなー🤔
あなた
あなた
だーいじょーぶだって!
ホントに何もないよ!
(やっぱ、あゆみには何でもお見通しなのかな…)
あゆみ
あゆみ
なら良いけど。
何かあったら、いつでも聞くからね?
あなた
あなた
ありがと、あゆみ。
(優しいなー、あゆみは。)
こんな優しい人いないんじゃないかってくらい、
あゆみは優しくて。でも言えないんだよなー!
何でだろ…。こんなに信頼してるのに。
言いたくない…。