無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

華花と朝日
ー1日前。


私は朝日に話しかけた。
天音 華花
朝日っ!!おはよー
瀬戸川 朝日
おうっ!華花じゃんっ
まだ、私が告白する前なんだよね?

なんかヘンな感じ・・・
賀原 名月
朝日くんおはよぉー
瀬戸川 朝日
あっ、賀原さん おはよう!
名取 悠貴
賀原、おはー
賀原 名月
悠貴くんもおはよぉー
みんな普通だ。

なんか 名取悠貴がいるけど・・・

ほんとに1日前なんだ・・・

名月も普通だし。

チャンスはあるよね?私にも。

女の子らしく・・・

今日はそう心がけよう。
天音 華花
あっ、朝日くん???!
(声 裏返ったぁー!)
瀬戸川 朝日
な、何っ?!なんで くん付け?!
天音 華花
やっぱ、ヘン?
瀬戸川 朝日
だな・・・
賀原 名月
楽しそうだね・・・。
名月が分かりやすく落ち込む。
瀬戸川 朝日
賀原さんごめん 華花ばっかと話して
朝日やっぱり名月が好きなんだね。

今までそんなに気にしてなかったから知らなかった・・・


意外と私 朝日のこと知らないんだなぁ・・・
名取 悠貴
なに落ち込んでんの?天音のクセに
天音 華花
クセに?!なによー私は落ち込んじゃダメなの?
名取 悠貴
ダメだろ。だって天音はうるさいだけが取り柄だもんな!
天音 華花
褒めてんの?貶してんの?
名取 悠貴
どっちもー
天音 華花
はぁっ?!
瀬戸川 朝日
おいおい・・・💧華花怒ってんだろ・・・
朝日・・・。

そうやって好きでもない幼なじみに優しくなんかするから 好きになっちゃったんじゃん・・・
名取 悠貴
うわっ でたよ朝日
悠貴はそう言うとどこかに逃げていった。
瀬戸川 朝日
大丈夫か?華花・・・。
天音 華花
うん。全然平気!
もう・・・心配なんて優しすぎ。

だからクラスでも人気者なんだよね(きっと)



ー昼休み
天音 華花
はぁ。意外と難しいなぁ・・・
1人屋上でご飯を食べながら言った。
瀬戸川 朝日
何が?
天音 華花
えっ?朝日?!
驚いた・・・。

だって朝日っていつも教室でご飯を食べてるもん。
瀬戸川 朝日
ねぇ、聞いてる?
天音 華花
何?
瀬戸川 朝日
さっきの独り言。難しいって何が?
聞かれてた?!
天音 華花
あはは・・・何でもないかな(汗)
言えるわけないじゃん!

「朝日に好かれるために女の子らしく振る舞うのって難しいね」なんて!


その後・・・

なんか流れ的に2人でご飯を食べることになった。

やっぱり この時も女の子らしくは出来なかった。




ー放課後。


私は委員会の仕事で遅くまで教室に残っていた。

ーガラッ

朝日だ・・・。声をかけようと思ったけどあえて気づいてないフリをして黙々と作業を進める。
瀬戸川 朝日
華花?
朝日が私に気がついて近づいてきた。

今日何回目の朝日だろう・・・
瀬戸川 朝日
委員会の仕事?
天音 華花
うん。・・・朝日は?
瀬戸川 朝日
帰ろうと思ったら忘れ物に気づいて取りに来た。
じゃあもう 帰るんだ・・・?
天音 華花
そっか・・・
瀬戸川 朝日
あーもーっ💢
なになになに?!

なんで怒ってんのー
瀬戸川 朝日
仕方ないな。そんな悲しそうな顔すんなって。
俺も手伝ってやるから。
そーゆーとこがダメなんだよ。
天音 華花
誰にでも優しくしてさぁ・・・(小声)
瀬戸川 朝日
そんなことないけど・・・
聞こえてたんだ。
天音 華花
じゃあ 何で?
瀬戸川 朝日
幼なじみの特権?
朝日が あはは と笑った。

まだ幼なじみのままでいいかも。

・・・そう思ってしまった。


でも明日にはまた告白するの。

そしたら今度こそ・・・



そう思いながら私は朝日と机を向き合わせて委員会の仕事を進めた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

弥緩.*・゚
弥緩.*・゚
「みゆる」っていいます ⚠ケータイ水没してましたw この前復活したので早速更新していきます✨ 基本、ホラーと恋愛を書くつもりです✨ なので、毎回読んでくださる方、これから読んでいいただける方も よろしくお願いします.*・゚ «ホラー » 「国民全員、犯罪者」 「リセットライフ」 「Dreamin’World」 「夢の続きの その続き」 « 恋愛» 「30日の恋の唄」 ↑こんなの書いてます。 気になるのがあれば見ていってください! コメントとかあればなんでも言ってください✨
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る