無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

part4
broooock
じゃ
始めるよ
パーカッション組
お願いいたします!
パーカッション組は一礼した。
ゆう
先輩、最初は基礎ですか?
broooock
もう曲練する
パーカッション組
はい



曲練を1時間した。




先輩におしえてもらえるの
ひさしぶりだった。




ゆう
ありがとうございます!
broooock
5分休憩。
金管呼んできて
ゆう
わかりました
ゆう
じゃ
合奏の準備
してから休憩とってね
パーカッション組
はい







のんは金管を呼びに行った






ゆう
あなた!
セクション始めるってbroooock先輩が言ってた。
あなた
了解!
他のパートの人読んでおく!
ゆう
ありがとう!






10時になった。





金管セクションを始める。



broooock
セクションを始める。
号令あなた!
お願いいたします。
あなた
起立。


お願いいたします!
あなたのあとに皆挨拶した
broooock
じゃチューニング。
低音から



チューニングをした。


ピッチはぴったり。



曲練を始めようとした時、




先生が現れた。


皆、唖然。



先生
聞いて!
サッカー部と野球部が本選出たから
応援行くよ
曲ここに置いとくから明後日までに完璧にしてください!
皆、驚いた。



私達は弱い中学なのに
本選出るとは思ってなかった。



どうすればいい?

まじで


という声が凄かった。
broooock
うるさい。

静かに!
先生
パーカッションはbroooockを出したいんだけど
broooock大丈夫?


broooockはスマホをいじって予定確認した
broooock
空いてます。
友達が本選出たら来てって
連絡が最近来たので
久しぶりにのんと後輩と叩きたいので
いいですか?
先生
わかりました。
ではのん!
broooockの譜面を今日中に渡すこと
ゆう
はい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




作者
ここまで
話が急展開です!
次回は人が多いので、誤字多いです(予想)
許してください!

それでは次回!
じゃんけんp((

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🎷のん🍖💕
🎷のん🍖💕
wt、MTが好きです Twitter➡️_non_WT 受験生のため浮上低め 吹奏楽のストーリーを作った女。 わからないことあればコメントどうぞ タメ歓迎です 追記 メールはこちらから↓ nonperck@gmail.com
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る