無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

part10










翌朝








電話が来た。









誰だろうと思って電話に出た。


あなた
ふぁーい
broooock
俺。


あなたは驚いた。


あなた
おはようございます!
broooock
あのー
もう10時



あなたは時間を見た。


あなた
え!?
何で電話知ってるんですか?
broooock
あのね、今学校にいて先生に電話番号聞いたけど知らなかったから、陸上部に聞いて電話してる
あなた
ごめんなさいm(._.)m
broooock
いいよw
で、部活は?
あなた
今起きたばっかので、10時半に行きます!
すいません
broooock
じゃ後輩見てる
あなた
ありがとうございます
broooock
切るよ



切れた。



急いで準備して家に出た。








家を出た時、ゾムが居た。

あなた
お願いあるんだけど
ゾム
どうしました?
あなた
オープンスクールでパソコン部にお願いしたいんだけど


ゾムは答えた。



その話をしながら学校へ向かった





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作者
ちょっと中途半端ダケド、ここまで
ここから、ヤバいからちょっと時間をくださいm(._.)m

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🎷のん🍖💕
🎷のん🍖💕
wt、MTが好きです Twitter➡️_non_WT 受験生のため浮上低め 吹奏楽のストーリーを作った女。 わからないことあればコメントどうぞ タメ歓迎です 追記 メールはこちらから↓ nonperck@gmail.com
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る