無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

方法
※注意※
今回は結構・・過激です。
最初からヤってますので、最初から苦手なひとはバックしてください。
OKな方どうぞ↓
























































































センラside
月崎 志麻
月崎 志麻
うあっ...あ"...んんっ...
折原 センラ
折原 センラ
動き方可愛いなぁ。首に首輪つけてみようか~
月崎 志麻
月崎 志麻
ンヤッ...♡♡♡ンッンッ...♡ヤメッ...♡アッアッアッ...♡♡♡♡
折原 センラ
折原 センラ
お~。可愛い。
なぁ、ほら。俺のことも抱き締めろよ。
月崎 志麻
月崎 志麻
ンンンッ(ふるふる
折原 センラ
折原 センラ
あ~。拒否権ないから。
無理にでもヤらせてあげるよ。
クチュッ...チュッ...
月崎 志麻
月崎 志麻
んあっ(チュッ んやっ(クチュッ
スッ
折原 センラ
折原 センラ
ほらできた。すぐにヤればイイのに。
月崎 志麻
月崎 志麻
もうやっ...め...
ズッズッズッ...
月崎 志麻
月崎 志麻
んやぁぁ♡♡♡♡ンンンンッ...♡
折原 センラ
折原 センラ
かわええよ。
チュッ...クチャ...
月崎 志麻
月崎 志麻
ゼェ...ゼェ...ゼェ...
折原 センラ
折原 センラ
ほら...イケよ...
月崎 志麻
月崎 志麻
ンンンッ
俺を抱いてる腕を解き、まーしぃをうつ伏せにさせる。
月崎 志麻
月崎 志麻
ちょっ...まっ...
ズプッ...ズズズ...
月崎 志麻
月崎 志麻
ンッ...ンヤッ...(ビクビクビクッ
折原 センラ
折原 センラ
我慢すんな。
ほら...イケ...イケ...
月崎 志麻
月崎 志麻
ヤッ...
ズププププ...
月崎 志麻
月崎 志麻
(ビクビクビクッ
腰振りすぎW
折原 センラ
折原 センラ
(ハミッ←耳たぶを噛む
月崎 志麻
月崎 志麻
ンヤッ...(ビュッ
折原 センラ
折原 センラ
イケたなぁ。偉い偉い。
ほな、処理しとけや。
月崎 志麻
月崎 志麻
やぁ...
まーしぃがイったあとにまーしぃの顔を押し付ける。
折原 センラ
折原 センラ
ほら。
月崎 志麻
月崎 志麻
...あ。
ジュッジュッ
折原 センラ
折原 センラ
可愛い。
こうして精神を壊してから、渉と同じところにやる。
そうすれば、俺に従順するようになる。
折原 センラ
折原 センラ
(そろそろええかな。)
折原 センラ
折原 センラ
まーしぃ。
月崎 志麻
月崎 志麻
ゼェ...もう...その名前...呼ばないで...
折原 センラ
折原 センラ
ふ~ん。志麻。こっちこい。
月崎 志麻
月崎 志麻
フルフル
折原 センラ
折原 センラ
だからぁ
俺はまーしぃ...いや、志麻の胸ぐらをつかんでいった。
折原 センラ
折原 センラ
拒否権ないって。
それとも、もっかいやんなきゃわかんない?
月崎 志麻
月崎 志麻
グスッ...ズッ...
はい...
もう...渉のように裏切らせない。
あの優しい微笑みは、俺だけに向けられる特別なものだ。