無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ピョン戻り
志麻side
月崎 志麻
月崎 志麻
探すっていったって、どうやって探すの?
折原 センラ
折原 センラ
ゆかりの地を巡る。
坂田 明
坂田 明
ほ~それは初耳案件。
月崎 志麻
月崎 志麻
あ~ピョン戻り的な?
折原 センラ
折原 センラ
ピョン戻りとは?
月崎 志麻
月崎 志麻
何か落としたりしたときに、朝から自分の行動を思い出して実行する。そしたら、必ずどこかに落ちてるだろ?


でも渉くんの行動なんてわからないか。
折原 センラ
折原 センラ
いや、それすごくええかも知れん。
ゆかりの地を巡るよりいいかも...
月崎 志麻
月崎 志麻
渉くんの行動、どうするの?
折原 センラ
折原 センラ
俺わかる。
朝からずっと一緒にいた。
月崎 志麻
月崎 志麻
え?何で?
折原 センラ
折原 センラ
いや...それはいえへんよ...
月崎 志麻
月崎 志麻
...そう。

五年前ってセンラさんいくつ?
折原 センラ
折原 センラ
え?高校二年とか?
月崎 志麻
月崎 志麻
高校二年で中学生と一緒に過ごすのはだめじゃないすか?
坂田 明
坂田 明
まーしぃ。
わたるんはセンラの一つ下だよ。だから高一。
月崎 志麻
月崎 志麻
マジ!?
俺ずっと同い年だと思って渉くん、渉くんて呼んでたよ...
折原 センラ
折原 センラ
それはおいといて!
はよいくで!