無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

211
2021/03/17

第15話

やから、Afterstory ~中間~



中間side




「皆さんにお礼しなきゃね」



歩きながらそう言った○○、



『アイツらに?』


「うん、だって淳太くんのために泣いてくれてたでしょ?」


『あー、あれはまぁ、』



アイツらは単に"結婚式"ってものに


感動してただけやと思うけど、





家に着いて、ラフな格好に着替える


ソファーに座り携帯を開くと



通知:6件



の表示が、


開くと、そこには見慣れた名前が並んどった





〈淳太くんおめでとう、
 
○○ちゃんに、
今度シーゴーに会いに来てって言っといてなぁ〜

めっちゃ感動したわ、俺もはよ追いつこ!〉




シーゴーも可愛ええけど、ジュエル達がおるからなぁ、
まぁそのうちな、
追いつこて、相手探すんが先やろ
まぁでも、照史の結婚式は泣くかもな、
今日の照史程は泣かんやろけど、
○○も言っとったけど、
俺らんために泣いてくれたんやとしたら、
ホンマにありがと。





〈淳太おめでとう、
年齢的には、次は俺やな

今日はなんか自然と涙出たわ

○○ちゃんに
なんかええの釣れたら持ってくって言うといてな〉




せやな、濵ちゃんにはしっかりした奥さん見つけんとな、

濵ちゃんが泣いとったん珍しくてビックリしたわ、

釣れたん持ってくんのはええけど、
変なやつ釣ってこんといてな
捌けやんと○○が困るやろうから

ありがと。





〈淳太ぁぁぁ〜!

淳太ぁぁぁ!おめでと

小さい箱のやつは○○ちゃんのやからな、

おじじのもんちゃうから勝手に開けんなよ
真面目に考えてんからな!〉




うるさいわ、
メールでまでウザ絡みせんでええねん

しげの真面目はどっちか分からんから怖いけど
まぁ、しげなりに考えてくれたんやろな

てか、その言い方やとこっちには変なん入れたんか?

まぁ、とりあえずありがとな、





〈淳太、○○ちゃん、ご結婚おめでとうございます。

結婚に至るまで色々あったように、
きっと、これから先も色々あるんやろうし、
2人にしか分からん、大変なこともあると思う、
でも、メンバーとして、
2人の幸せが、ずっと続くとええなと思ってます。
メンバーの1人が結婚するって、
なんか、特別な感情になったわ

2人がずっと幸せであることを願ってます。〉




神ちゃんには結構色々助けて貰ったと思うわ。
背中押してもろた時もあったしな、
色んな意味で感謝しとる。ありがとう。
○○も神ちゃんのこと信頼しとるみたいやし、
俺がなんかやらかしたら、○○の助けになったって欲しい。
まぁ、そうならんように気をつけるけど、
ホンマにありがとう。





〈淳太、結婚おめでとう

妹に続いて淳太まで結婚すると思てなかったわ
俺らがこの業界に居ることで色々あるかも知らんけど、
そん時は、俺らなりに2人を守れたらと思てるし
まぁ、淳太なら大丈夫やろけど、末永くな、

また機会が会ったらメンバーと、○○ちゃんとか呼んで
みんなで集まって会えるとええなと思ってます。

ホンマにおめでとう。〉




せやな、俺もまさかやったわ笑
流星らに守って貰わんでもええわ、って言えたらええんやけど、
実際色々あると思うし、そん時は頼むわ
色々落ち着いたら皆んなで飯でも行こか、
今度は誰かの彼女居ったりしてな笑
まぁ、全員が結婚しても、俺らの関係はずっと一緒やからな、
これからも頼むわ、ありがと





〈淳太、○○ちゃん、結婚おめでとう
初めて○○ちゃんに会うた時はびっくりしたけど、
今は、お似合いやなと思てる、

淳太は案外なんも出来んから○○ちゃん大変やろけど
まぁそん時は、俺ん所来たらええよって言っといてな、
そうならん事を願ってるわ笑

淳太が結婚できて良かったと思うし、相手が○○ちゃんで良かった。
末永くお幸せに。本当におめでとう。〉




まぁ、あん時は急やったしな、
全員がビックリしとったん覚えとるわ笑
まぁ、俺不器用やしな、
でも何があっても、お前には絶対渡さへんからな笑
メンバーにそう言って貰えるんは嬉しいし、
俺も○○のこと見つけられてホンマに良かったと思てる
ムービーありがとな、ちょっと泣きそうなったわ







『ちょっとコレ見て』



どうしたの?そう言いながら携帯を受け取った○○



「照史さん達から?」


『ちょっと読んでみて』



少しずつ○○の目に涙が溜まると、


頬を伝って画面に落ちる



「嬉しいね.....

自分が大切にしてる人から祝ってもらえるのって」


『そーやな、』



いつもは絶対言わんけど、


やっぱり俺らは最強やと思うし、


7人でなら絶対トップまで進めると思っとる



《ありがとう。》



きっと、それだけで伝わるはずやから