無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話
タッタッタッタッ
談話室
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
おーいリリアー
セベク
貴様リリア様を呼び捨てにするとは...失礼だぞ!
リリア
まぁ落ち着けセベク
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
あっセベクも居たんだ!
セベク
貴様何者だ!
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
私が誰か分からないの?
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
まぁこの姿だからね
(なまえ)
あなた
これで私が誰か分かった?
セベク
?!
リリア
?!
セベク
あなた様今の無礼をお許しください!
(なまえ)
あなた
別に気にしてないよ、
リリア
あなた久しぶりじゃな
(なまえ)
あなた
リリア元気にしてた?
リリア
うむ
リリア
マレウスとシルバーも元気じゃぞ
セベク
でも何故あなた様が此処に居るのですか?
(なまえ)
あなた
それは高校生活してみたいなぁって思って、
セベク
なるほど
セベク
あなた様のお役に立てる様に頑張らせて頂きます!
(なまえ)
あなた
うん!
リリア
マレウスとシルバーにはもう合ったのか?
(なまえ)
あなた
まだ会ってない...
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
この姿で驚かせたいんだよね
リリア
協力するぞ
セベク
お供します!
(なまえ)(仮)
あなた(仮)
ありがとう