無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

8,520
2019/06/12

第3話

storyTHREE
当時、マネージャーになるとは言っていたものの、
私はまだ現役JK3で大学受験・部活に大忙し。マネージャーなんて
やれる程じゃなかった。

でも、その時から
お兄ちゃんはもうデビューしてて、慶応大も通ってて、
すごいなって尊敬してた。

し、樹もよく遊びに来てくれてて
気がついたら仲良くなってた。
あなたー
なーに
お前彼氏いる?
ほっくん
マジで言ってる?
逆にマジだと思う?
ふーん…
風磨
なに俺の妹口説いてんだよ笑
口説いてねーよ笑
樹くんはいるの?
いない
へーそうなんだ(∗•ω•∗)
風磨
喜びが溢れ出てる
は、はぁ?!
なにが?
風磨
じゃ、俺はこの辺で失礼〜
仕事なんで。
え?!ね、ちょっと
風磨
いってきまーす!!!!!!!!(大声
いってらっしゃーい



















うん。どうしようこの状況。