無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

すべてをおわらせたい
意味深風タイトルすみません。
プリ小説をやめたいです。

理由は

1.空気が嫌だ
 プリ小説って、10代女子向けじゃないですか。
 それが嫌です。
 まあ中高生だもんな…って作品や、こういうグループが流行ってるもんな…というのが多いと感じます。
 辞めたら、別のサイトで小説を書こうと思っています。
 大人の方や、プロになった人も多くいるサイトです。
 そんな中でも認められるような小説を書きたい。

2.続ける理由がない
 厳密には一つだけあります。
 私の小説を読んでくれる人がいることです。
 本当はそういう人がいる限り続けていこうと思っていました。
 でも、始めた頃のような理由がないんです。

 私は、とあるリア友に誘われてプリ小説を始めました。
 彼女はかなり人気だったけど、少し前に辞めてしまいました。
 そして今、私は彼女と喋ることができません。
 同じクラスではありますが、お互い敬語で必要最低限の会話だけする。
 そんな関係になってしまいました。
 私とは所詮、同じ班だから話していただけに過ぎなかったんです。
 本音を言うと、そんな彼女と繋がっているという事実が嫌でもあります。
 プリ小説を開いて、彼女の名前を見る度にそう思ってしまいます。

要は、リア友との関係ですね。
そんなの自分勝手すぎるのは分かっています。
でも、小説を書くことは続けます。
もし、「りんごちゃーはん」としてプリ小説での活動を辞めても、私の小説を読みたいと言って下さる方がいれば、私のTwitterを見て下さい。
普段使っているアカウントを、Twitter連携に表示しておきます。
今度こそがんばるので、見てくれたら嬉しいです。
小説を書くということを私に教えてくれた、とてもいい場所でした。
ありがとう。

PS
書きかけのものは、次のサイトで絶対に完結させます。