無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

💚
琉巧side













あなたは朝と帰りのHRのギリギリまで









昼休みの時間いっぱい いっぱい









僕の近くにずっといる









皆こっちの方が安全って言うからいるらしい









その間に皆めっちゃ目光らせてんやろなぁ笑









特に拓哉くんとかかな









同じクラスやし1番気立ってそう









…でもなぁ









こっちも安全じゃないかも知らん









あなた来るようになってから









クラスの空気がちょっとおかしい









あなたは全然気付いてないくらいだけど









ほんのちょっと……でも、確実に









前と雰囲気が違ってる









僕達って結構ヤバイことに首突っ込んだ…?