無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

episode7.
なんだか、私は 昨日から おかしいみたいだ。

ユンギが好きなのに、グクをどこか意識してしまう自分がいる。

それに、昨日のことがあっての今日だなんて…
無理だよ… 朝 一緒に行けるはずがないのに、、、
サナ
サナ
おはようあなた!
あなた
おはようサナ!
サナ
サナ
あれ?今日グクいないの?

なんで平気で聞けるの…サナ。
昨日のこと まさか わっ、わすれた!?
あなた
知ら…ない
サナ
サナ
なんでー
グク
グク
……ぉはよ。

いつもタイミングがばっちしなんだから…もぉ。
サナ
サナ
あ!きた
グク
グク
ん?
あなた
なっ、なんでもないっ!//
グク
グク
へぇー?顔真っ赤だけど?ㅋ
あなた
… っ/ グクのばかぁ
サナ
サナ
???
… 昨日のか!

いや、今!?


…そんなとき後ろから声がした。
ユンギ
ユンギ
なにしてんだ?遅れるぞ?
あなた
ふぁっ!
ユンギ
ユンギ
…なっ、、どうした?
顔真っ赤だぞ…?
あなた
グクとユンギのせいだぁぁ!//
グク
グク
なんで俺なんだよー
サナ
サナ
ちょっと、私もまぜろぉー
ユンギ
ユンギ
とりあえず歩け?
グク
グク
ヒョン 相変わらず塩ですねㅋ
ユンギ
ユンギ
あぁ。

なんて言いながら歩いて10分、やっと学校についた。