無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

episode11.
学校 ┈┈┈┈┈┈

今日も私は、いつものメンバー いわゆるいつメンで 楽しくはしゃいでいた。
サナ
サナ
もぉ~ 本当 馬鹿じゃないの?ㅋㅋ
あなた
ば、馬鹿じゃないよ!本当だもん!ㅋ
サナ
サナ
本当よく転けるよねㅋ 気をつけてよㅋㅋ
あなた
わかった、頑張る!
サナ
サナ
頑張るって言っていつも転けるもんㅋ
グク
グク
本当 ドジだよな~ㅋㅋ 
あなた
ぐ、グクまでっっ!もぉ……
グク
グク
転けるから悪いの~
サナ
サナ
転けるから悪いの~
あなた
2人して同じ事言わないでよねっ!ㅋㅋ
サナ
サナ
気があうね?←
グク
グク
まぁな?ㅋ
あなた
もぉ…… 。
ジン先生
ジン先生
HR はじめまーす
席ついてー!
みんな席にもどって、ジン先生の授業が始まった。
1時間後 ┈┈┈┈
ジン先生
ジン先生
はい 今日は、ここまで!
今度また決めるから、考えといてね~
そして、授業が終わり 放課がやってきた。



サナの方へ行こうとした時 私は、グクに屋上に呼ばれた。
あなた
どうしたの?
グク
グク
… あ 急にごめん。
あなた
うんん
話って??
グク
グク
… 俺 あなた の事 ずっと好きだった。
ユンギ ヒョンより前から。
あなた
(   かぁぁぁ ///
グク
グク
でも、俺は、お前にとって ただの幼馴染なんだろ?そんなことわかってるけど、
その…俺と付き合ってください。/
あなた
え、えっと … その…
グク
グク
返事 いま じゃなくていいから。
気持ちととのってからで…
あなた
う、うん…
少し考えさせて?
グク
グク
うん。
チャイム鳴りそうだな それに、サナ待ってるし教室 戻るか。
あなた
だね。またジン先生に怒られちゃうㅋㅋ








グクと どう接すればいい?わかんないよ…
ユンギが好きなのに 心の片隅にはいつもグクがいる。幼馴染…だからなの?

整頓できないよ。