無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

episode3.
すると 急に サナが、グクにこんなことを聞いた。
サナ
サナ
…ねぇ?グク あの人知ってる?
グク
グク
あぁ、知ってるけど…なに?
サナ
サナ
あのね?あなたが少しk…
あなた
なっ、なんでもないよ!
グク
グク
ふーん?
あなた
なにぃ
グク
グク
別に~
サナ
サナ
ねぇ、あなた話したくないの~?
あなた
……
グク
グク
あ~ そーゆーこと?
ちょっとまってて
あなた
え、ちょ!グク!

なぜかサナはとても嬉しそうだ。
グク
グク
ヒョン!ちょっと来てください!
???
???
… お、おう。

5分後 ))
サナ
サナ
あ、あなた グクきたよ!
あなた
う、うん… 。
グク
グク
ヒョン つきました!
???
???
…… おい グガ  誰だ?
グク
グク
右があなた で、左がサナです。
あなたは、俺の幼馴染です!
サナ
サナ
はじめまして、サナです。
あなた
はっ、は、はじめまして、あなたです。

あぁ やっちゃった…。私っていつもこうだ。
肝心なとこで緊張して、いつも失敗する。
ユンギ
ユンギ
……ユンギ。よろしくな。

ユンギ… か。 グクがヒョンって言ってたから、先輩…なのかな?
グク
グク
あ、ヒョンはね、1つ上だよ~
あなた
ほへー
サナ
サナ
でもさ、あなた話せてよかったね。

…目の前にいるのに、、今いいますか。サナさん。
あなた
う、うん!// (( ニコッ
ユンギ
ユンギ
…笑った方が可愛いじゃん (( ボソッ
あなた
先輩…?なんか言いました?
ユンギ
ユンギ
なんも…。それと、ユンギでいいし。
あなた
あ、、はい。ユン…ギ?//
ユンギ
ユンギ
うん。/
グク
グク
(え、なんかいい感じじゃん (( 怒 )

聞こえなかったけど、さっき絶対なんか言ってたよね…(?)

そんなとき… 、
ジン先生
ジン先生
もうすぐチャイムなるよ~ 教室戻って~

ジン先生の声がした。