無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

episode6.
私はユンギに見られていた事も知らず
グクとサナと一緒に帰った。

しばらく歩いて サナが急に……
サナ
サナ
ねぇ?何かあった?
あなた
…へ!?//
サナ
サナ
2人とも顔 真っ赤なんだもん。
あなた
なっ、なんでもないよっ!
グク
グク
なんでもなくはないけどな…// (( ボソッ
サナ
サナ
なにそれぇ~
グク
グク
聞こえてんのかよㅋㅋ
サナ
サナ
聞こえてるし~ もぉ。
あなた
よ、余分な事言わないでよ グク…
グク
グク
ごめんごめん ㅋㅋ
サナ
サナ
いちゃつかないでよね~
私もまぜろぉぉぉ~!
あなた
なんで そーなるのー!
グク
グク
まざれまざれー!
あなた
もぉー!!


今日は いろいろあったけど 楽しかった…なぁ。

でも、明日からどんな顔して グクに 会えばいいの…
私はどうすれば…





























なんで、こんなにもグクを意識してしまうんだろう。






























私は……





























私は、、





















ユンギが好きなのに…… 。