無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

episode12.
その日の 放課後 私はユンギと帰る約束をしていて、教室で待っていた。





しばらくして……
ユンギ
ユンギ
わりぃ。待ったか?
あなた
少しね?ㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
忘れ物して 遅くなった。
あなた
大丈夫だよ?
ユンギ
ユンギ
なら、いいけどなㅋ

忘れ物したなんて嘘。
今日ちゃんと伝えようと思って…俺の気持ち。

その心の準備してて遅れたんだ。
あなた
おーい ユンギ?
ユンギ
ユンギ
ん?
あなた
ぼーっとしてたから、帰らないのかな って
ユンギ
ユンギ
あぁ。
その前に話あるんだけど、いいか?
あなた
…? なに?
ユンギ
ユンギ
お前と初めて話た時 お前の笑顔に惹かれたんだ。
いつのまにか、お前の事 本気になってて、誰にも渡したくないって思った。

俺… あなた が好きだ。
初めて 本気で 人を好きになった。
あなた
( かぁぁぁぁ////
ユンギ
ユンギ
俺と付き合ってくれるか?//

返事…すぐじゃなくていい。
あなた
///  す、少し時間もらえないかな?
いろいろ考えたい… 。
ユンギ
ユンギ
おう。 … もう遅いし、帰るぞ(?)
あなた
あ、うん!//






こんなことってあっていいんでしょうか。
神様… 私 素直になってもいいですか?
私が本当に好きな人に返事しても、いいんでしょうか。

恋ってこんなに複雑で苦いものなのかな。

私の甘い 恋はどっちなの… ?