無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

episode15.
ひたすら下駄箱まで走った。

そして、遂にユンギを見つけた。
あなた
ユ、ユンギっっ! ハァハァ
ユンギ
ユンギ
ど、どうした?そんなに息あがって…
あなた
こ、こないだのっ
あなた
返事…しようと思ってっ ハァ
ユンギ
ユンギ
お、おう… 。とりあえず、息整えろ?
大丈夫か? ヨシヨシ

…………
あなた
もう大丈夫!
ユンギ
ユンギ
なら、よかった。
あなた
それでね?
ユンギ
ユンギ
おう
あなた
私も、ユンギが好き!//
だ、だから…
ユンギ
ユンギ
待って、もう1回 俺から言わせて?
あなた
うん /
ユンギ
ユンギ
俺と…付き合ってください。
あなた
よろしくお願いします//   ニコッ
ユンギ
ユンギ
(( ギュー
あなた
くぅしぃお。
( 苦しいよ。)
ユンギ
ユンギ
わりぃㅋㅋ
あなた
ふふふ //
あなた
ねぇ?
ユンギ
ユンギ
ん?
あなた
…好き /
ユンギ
ユンギ
俺も好きだ。


オレンジ色の夕日が下駄箱にいる私達 2人を静かにそっと綺麗に染めた。


┈┈┈┈┈┈
ジン先生
ジン先生
青春… いいね。ㅋㅋ (( ボソッ
通りすがりの先生がこっそっとつぶやいた。

end.