無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

episode4.
私達は、それぞれ教室に戻った。

… 私には分からなかった。グクが怒ってる理由。
それからというものの、1日中グクは不機嫌で、私はグクに聞いてみた。
あなた
ねぇ?なんか、朝から怒ってない?
グク
グク
…べつに。
あなた
私…なんかした?
グク
グク
う、ん、。
あなた
グク…ごめんね?
グク
グク
…やだ。
あなた
……っ。
グク
グク
キス…してくれたら、許す。
あなた
へっ!?
グク
グク
じゃあ いいや。
あなた
…わっ、わかったよぉ、、。
キスしたら許してくれる…?
グク
グク
うん

きっと今 の 私は、見せられないくらいに顔が真っ赤で、聞かせられないくらいに心臓がバクバクしてる。自分でも分かるくらいに…

私は 目をつぶって、精一杯 背伸びをしながらグクに優しくキスをした。
グク
グク
ん。ありがと // あなた
あなた
な、な、仲、直り ですか?///
グク
グク
うん ♪

その一部始終を" 先輩 " … ユンギに見られていた。