無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第18話

17話
さーたんside②


さーたん
さーたん
うん めっちゃ悩んでる顔してたよ
さーたん
さーたん
なんかあった?
ちょん
ちょん
いや別に

なんで答えてくれないのかなあ


もしかして、あなたがいないからかな??


そう考えるだけで 胸が締め付けられて痛かった


👨🏼‍🏫『喋ってないでちゃんと聞けよー』

さーたん
さーたん
はあい

よしッ。今だ 聞いてみよう
さーたん
さーたん
ねえ じょんぐく
ちょん
ちょん
ん、
さーたん
さーたん
す、好きな人とかいるのッ??
ちょん
ちょん
は?
さーたん
さーたん
だから!好きな人いるのって!!///

あ、つい大声出しちゃった、、

ちょん
ちょん
うん いるけど

うん いるけど うん いるけど うん いるけど


それが私の頭の中で回って回って回りまくった

さーたん
さーたん
あ~ そうなんだッ…!

私は 必死な思いで笑顔を作った


その好きな人が私かもって思って、その子がどんな子か聞いてみた


じょんぐくはその子について目をキラキラさせながら


私に話してきた


ああ、じょんぐくの好きな人はあなただな。

さーたん
さーたん
ね、もしかしてそれって、、
さーたん
さーたん
あなたッ??

私が1番信じたくなかった事だろうな
ちょん
ちょん
ッ///

じょんぐくはすごく顔を赤らめていた











































さようなら 私の初恋















































































NEXT)