無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話
はーあ


もう私何やってんだろ


勝手に怒って ちょんのこと傷つけたよね


はあ、悪いことばっかㅎㅎ



























ピコンッ

それは テヒョナ오빠からの カトクだった

🦁『あなたちゃーーん!!』


🦁『ジミナからカトクもらったよおおお』
💐『え!?ジミンと知り合いなんですか!?』
🦁『そうだよ〜!』
💐『ちなみにどういう関係…??』
🦁『えっとね、ジミナは僕の弟ーー!』
💐『えええええ!?』
💐『そうなんですかッ!!?』
🦁『え 知らなかったの??ㅎㅎ』
💐『はい もう本当に初知りですよ!!!』
🦁『そっか〜ㅎㅎ』
🦁『てかあなたちゃん今どこ?』


🦁『今って授業中だよね??』
私は教室d…

私は教室です って打とうとした瞬間

何か名前呼ばれて振り向いたら
きむて
きむて
あなたちゃーーーーーーーん!!!
きむて
きむて
みーつけた!
何か見つかりました(?)













































NEXT)